日感ブログ

日頃、生活するうえで必要と感じたことを綴るブログ

食事による食中毒を防ぐ対処法とは

      2018/06/02

食中毒は年中起きています。

特に暑い時期に増える傾向があるのが食中毒です。
大きなニュースとして報道されることはありませんが、
各地で小規模な感染が起こっています。

食中毒は種類によってはかなり予防しにくいものもあるのですが、
きちんと注意していればまず感染しないものもあります。

食中毒を予防するための方法をご紹介します。

スポンサードリンク

食中毒の原因

食中毒は
体の中に菌やウイルスが侵入することで起こります。

大抵の場合は
食事などの飲食によって取り入れられる事が多いのですが、
ものによっては飛沫で感染したり、
接触によって感染する場合があります。

その他にも、
手についた菌が食事の際に口に入ることで感染することがあります。

調理によって起こる食中毒を予防する方法

家庭での調理は
食中毒の原因としてポピュラーなものです。

手洗いの不足や冷蔵庫の汚染、
加熱不足、保存方法のミスなどが原因として考えられます。

予防としては、
手洗いの不足は二回手を洗う、
または使い捨ての調理用グローブを使用する。

加熱の不足は食品用温度計を使用する、
保存方法については、暖かいものは放置しない、
冷蔵庫に直接土のついた野菜を入れないなどがあります。

飛沫感染などで起きる食中毒を予防する

ノロウイルスはごく少数で感染が起こるため、
防ぐのが難しい食中毒として有名です。

そのため、
外出時に発生する
飛沫などによる感染は基本的に予防できません。

ただ、
手などに付着したものは
しっかりと洗浄することで洗い流せますので、
食事の前には必ず手を洗いましょう。

もし家族が感染した場合、
感染者が移動した経路、使用した道具全てが
ノロウイルスの感染源となってしまいます。

塩素系漂白剤を薄めたものは
ノロウイルスに効果がある消毒剤となりますので、
感染者が触れた場所は
全てこれを使って拭き取り掃除をおこなってください。

また、
衣類などは一緒に洗濯せず、
一度塩素系漂白剤に漬け込んでから洗濯するようにしてください。

対処法さえ知っていれば感染の確率はかなり下がる

食中毒は感染ルートを
きちんと潰せば殆ど感染しません。

もちろん、
自分で予防することができない外食や
他人が調理した食べ物が原因で
感染してしまうことはあります。

この場合でも、
食中毒の原因になりやすい生の二枚貝や魚介類、
生の肉などを避けることでさらに安全性を高めることが出来ます。

食中毒は気をつければそこまで怖いものではありません。

どのような原因で感染してしまうのかを知り、
食中毒を予防しましょう。

スポンサードリンク

 - 健康、病気 , ,

  関連記事

475874
食中毒で起こる発熱の症状はどれぐらいの期間で治る?

細菌やウイルスが体内に入ることで発症する食中毒、 発症してしまうと下痢や嘔吐、発 …

476046
眠気とストレスの関係とは?心の病気になる前にしっかり睡眠を取ろう!

ストレスを感じる生活をしていると、 日中に強い眠気を 感じるようになってきます。 …

virus_fukutsuu
食後の胃痛は病気のサイン?原因と対策

食事を食べた後、 胃痛がおきてしまったというのは誰でも経験することかもしれません …

398215
胃腸を強くする筋トレ方法

胃腸が強くなりたいというもののなんで、 胃腸が強くなければならないのでしょうか。 …

273263
インフルエンザはいつから注意したらよいか

インフルエンザは11月から3月ごろまで続く ウイルスによる感染症です。 ウイルス …

petbottle_sports
食中毒による腹痛の治し方と注意点

激しい嘔吐と下痢、腹痛で苦しめられる食中毒。 せめて腹痛だけでもと思い 鎮痛剤な …

326155
みぞおちが痛い原因はどんな病気?

体が疲れている時や、 なんとなくストレスがたまっていると感じる時に、 みぞおちが …

389944
中学生の人たちの口臭対策

大人の人たちも、子供さんも、 そして中学生の人たちも、 現代社会において口臭で悩 …

514922
肺が痛い、気胸とはどのような病気?その治療法は

肺が痛い場合、 どのような病気を考 えることが出来るのでしょうか。 それは気胸( …

427786
熱で関節痛の原因について知る

みなさん一生懸命日々仕事を 頑張っていらっしゃるのかもしれません。 病気どころで …