日感ブログ

日頃、生活するうえで必要と感じたことを綴るブログ

食事による食中毒を防ぐ対処法とは

      2018/06/02

食中毒は年中起きています。

特に暑い時期に増える傾向があるのが食中毒です。
大きなニュースとして報道されることはありませんが、
各地で小規模な感染が起こっています。

食中毒は種類によってはかなり予防しにくいものもあるのですが、
きちんと注意していればまず感染しないものもあります。

食中毒を予防するための方法をご紹介します。

スポンサードリンク

食中毒の原因

食中毒は
体の中に菌やウイルスが侵入することで起こります。

大抵の場合は
食事などの飲食によって取り入れられる事が多いのですが、
ものによっては飛沫で感染したり、
接触によって感染する場合があります。

その他にも、
手についた菌が食事の際に口に入ることで感染することがあります。

調理によって起こる食中毒を予防する方法

家庭での調理は
食中毒の原因としてポピュラーなものです。

手洗いの不足や冷蔵庫の汚染、
加熱不足、保存方法のミスなどが原因として考えられます。

予防としては、
手洗いの不足は二回手を洗う、
または使い捨ての調理用グローブを使用する。

加熱の不足は食品用温度計を使用する、
保存方法については、暖かいものは放置しない、
冷蔵庫に直接土のついた野菜を入れないなどがあります。

飛沫感染などで起きる食中毒を予防する

ノロウイルスはごく少数で感染が起こるため、
防ぐのが難しい食中毒として有名です。

そのため、
外出時に発生する
飛沫などによる感染は基本的に予防できません。

ただ、
手などに付着したものは
しっかりと洗浄することで洗い流せますので、
食事の前には必ず手を洗いましょう。

もし家族が感染した場合、
感染者が移動した経路、使用した道具全てが
ノロウイルスの感染源となってしまいます。

塩素系漂白剤を薄めたものは
ノロウイルスに効果がある消毒剤となりますので、
感染者が触れた場所は
全てこれを使って拭き取り掃除をおこなってください。

また、
衣類などは一緒に洗濯せず、
一度塩素系漂白剤に漬け込んでから洗濯するようにしてください。

対処法さえ知っていれば感染の確率はかなり下がる

食中毒は感染ルートを
きちんと潰せば殆ど感染しません。

もちろん、
自分で予防することができない外食や
他人が調理した食べ物が原因で
感染してしまうことはあります。

この場合でも、
食中毒の原因になりやすい生の二枚貝や魚介類、
生の肉などを避けることでさらに安全性を高めることが出来ます。

食中毒は気をつければそこまで怖いものではありません。

どのような原因で感染してしまうのかを知り、
食中毒を予防しましょう。

スポンサードリンク

 - 健康、病気 , ,

  関連記事

568834
風邪にりんごが効果的!すりおろして食べよう

風邪をひいてしまった時には 風邪薬を服用するのが1番の方法になりますが、お薬が手 …

495458
食後にめまいがあるのは貧血じゃないかも?その原因は?

現代社会に生きる人たちは、 いろいろめまいが起こる人たちも いらっしゃるようです …

093573
血液サラサラに!食べ物、飲み物は何を意識すれば良い?

みなさんも血がサラサラか ドロドロかといえば、 血サラサラの方がいいに 決まって …

398215
胃腸を強くする筋トレ方法

胃腸が強くなりたいというもののなんで、 胃腸が強くなければならないのでしょうか。 …

3731_001
常に眠い、だるいってどんな病気のサイン?

しっかりと睡眠を取っているのに眠い、 いつもからだがだるい、 1日中何もやる気が …

4fedbefa0fd3ae759889d74c5f8b63e5_s
ニキビと吹き出物の違いは?治療方法はどう違うの?

肌に湿疹ができるニキビと吹き出物、 名前は違いますが、 どちらも同じ病気です。 …

151718
口が渇く原因は緊張だけ?対策もアドバイス

会社のプレゼンを始めとして、 その他にも多くの人々の前で 何かを話さなければなら …

20180928-5
育乳に必要な知識と行動とマインド

はじめに育乳とは文字通り乳を育てて大きくするという意味です。似たような言葉でバス …

524354
ものもらいの症状や原因と治し方

ものもらいができてしまうと、 まばたきをするたびに目がゴロゴロと 違和感を感じて …

390020
低温やけどの症状は?治療薬もあるの?

火傷してしまうと水ぶくれになることや、 強い痛みを伴うことから日常生活を送る中で …