日感ブログ

日頃、生活するうえで必要と感じたことを綴るブログ

食中毒で起こる発熱の症状はどれぐらいの期間で治る?

      2016/08/16

細菌やウイルスが体内に入ることで発症する食中毒、
発症してしまうと下痢や嘔吐、発熱などの症状が起こり、
とても辛い思いをすることになります。


嘔吐や下痢も辛いですが、
特に辛いのが発熱です。

ただでさえ他の症状で辛い思いをしているのに、
熱が出てしまうと身動きも取れなくなってしまいます。

発熱などの食中毒による症状は
どれぐらいの期間で治癒するのでしょうか?

原因となっている細菌、
ウイルス別に紹介していきます。

スポンサードリンク



発熱が起こる食中毒


発熱の症状がある食中毒菌は限られており、
どれも発症すると重い症状に苦しめられます。


細菌類では
サルモネラ菌、O-157、エルシニア菌があります。


この中で危険なのはサルモネラ菌とO-157です。

サルモネラ菌に感染すると、
40度近い高熱と下痢と嘔吐の症状が現れます。

O-157は発熱はそれほどでも無いのですが、
後遺症が残りやすいため、かなり危険な菌です。


数年前に焼き肉店で発症したO-157では、
多数の被害者に重大な後遺症が残ったことがわかっています。

ウイルスによる発熱


有名どころのノロウイルスが
発熱を起こします。

ただし、
ノロウイルスでは
それほど高熱にはなりません。


どちらかといえば
激しい嘔吐下痢症の方が辛いですし、
感染力も高いので注意が必要です。

もし感染したとしても、
対症療法以外は効果がありませんので、
自宅で治るまで安静を保ちましょう。

家族が感染した場合は、
ノロウイルスに効果のある消毒剤を使って
感染拡大を予防してください。


すぐに手に入る物では、
キッチン用の漂白剤があります。

殺菌用途の場合の薄め方についても記載されているので、
参考にして利用してください。

食中毒が治るまでにどれぐらいかかる?


基本的にある程度の期間は症状が続きます。

大抵の食中毒の場合、
発症後2~3日、長くても一週間以内には症状が治まります。


ただ、エルシニア菌に感染した場合は、
最長一ヶ月もの間苦しむことがあるので注意が必要です。


食中毒を予防する方法


大抵の食中毒菌は
加熱によって無害化することが出来ます。


ノロウイルスでも、
中心温度を85度にして
一分間加熱するだけで殺菌できます。

ただ、
ウェルシュ菌という原因菌は加熱にかなり強い
という特性を持っており、
沸騰状態でも1時間以上耐え続けます。

幸い、ウェルシュ菌は
一定温度でしか爆発的に繁殖しない菌ですので、
作った料理を常温で放置しなければほぼ防げます。

まとめ


食中毒に感染すると、
治ったとしても体がぼろぼろになってしまいます。

手をしっかり洗うなどの予防を行い、
できる限り食中毒にならないよう気をつけましょう。

スポンサードリンク

 - 健康、病気 , , ,

  関連記事

20150403_01
紫外線が体に与える影響は?予防の方法はどんなものがあるの?

1年を通して降り注ぐ紫外線ですが、 日焼け以外に人体にどのような 影響を与えるの …

3731_001
常に眠い、だるいってどんな病気のサイン?

しっかりと睡眠を取っているのに眠い、 いつもからだがだるい、 1日中何もやる気が …

451603
症状を知って子供を熱中症から守ろう

子供は大人よりも身体が小さいことが多く、 ちょっとした変化で体調が悪くなることが …

343444
ロタウイルスの予防接種、効果はどのくらい?

小さなお子様を持つ親御さんは、 様々な予防接種について意識しなければなりません。 …

099304
乳歯の虫歯の初期治療

乳歯についてお母さんに知って欲しいことがあります。子供さんの乳歯が虫歯になってし …

イラスト縦
頭痛!こめかみが痛いときの対処法や原因は

みなさんは頭が痛いとき、 どうしていらっしゃるでしょうか。ただ、ひたすら我慢。で …

162d07779e4587b979ec5d234409e75b_s
どくだみ茶の作り方と美味しい飲み方。健康維持の為に毎日一杯のドクダミ茶を飲もう

生活習慣病や老化防止に効果がある として大人気のドクダミ茶、 材料となるドクダミ …

513736
採血で貧血を起こす原因と対処法の解説

健康診断をはじめとして、 その他様々な検査をする際には、 血液検査を行うことがあ …

202008
唾液が多い病気がある原因って何だろう

唾液が少なくて、 病院を心配している人たちも いらっしゃるのかもしれませんが、 …

521255
子供の咳が夜中にひどくなる原因と対策

子供が咳をしていると、 たった少しの咳であっても 心配になってしまうものです。 …