日感ブログ

日頃、生活するうえで必要と感じたことを綴るブログ

どくだみ茶の作り方と美味しい飲み方。健康維持の為に毎日一杯のドクダミ茶を飲もう

      2016/09/05

生活習慣病や老化防止に効果がある
として大人気のドクダミ茶、

材料となるドクダミは
あちこちに生えているので
作れるなら自分で作ってしまえば
殆どお金もかかりません。


しかし、作り方や入れ方を間違えると、
折角のドクダミの効果が薄れてしまいます。

正しいドクダミ茶の作り方と、
美味しい飲み方についてご紹介します。


スポンサードリンク


ドクダミ茶の薬効

ドクダミ茶には様々な効能があります。

代表的な物では、
高血圧、心臓病、糖尿病などの
生活習慣病の予防に効果がある
と言われています。

そのほかにも、利尿作用によって
むくみの改善が期待できるほか、

様々なミネラルやビタミンによって
内臓機能の維持にも役立ちます。



ドクダミを手に入れる方法

どくだみ茶を作るためには、
まず原料となるどくだみを
入手しなければいけません。

どくだみは生命力が異常に強い植物ですので、
どんな場所でも平気で繁殖出来るのですが、
一つだけ注意しなければいけません。


どんな場所でも繁殖できるため、
農薬を撒かれていたり、
何らかの人体に害となる成分が多い場所でも
平気で繁殖している場合があります。

そのようなどくだみを材料としてしまうと、
健康を害する場合があります。


通販などでどくだみの苗を入手して、
大きめのプランターで栽培するのが一番オススメです。


ドクダミ茶の作り方

栽培してどくだみが手に入るようになっても、
いつでも収穫して良いというわけではありません。

どくだみの薬効が最も高まるのは、
梅雨の前後の花が咲く時期です。


ちょうどこの時期はどくだみの繁殖力が高まって
一気に葉が増えるので、一気に刈り取りましょう。

刈り取ったどくだみは綺麗に洗い、
根元を適当に縛って軒下につるして乾燥させます。

完全に乾いてカリカリになったらはさみなどで刻み、
新聞紙などに広げて仕上げの乾燥を行います。


できあがったドクダミ茶は、
密閉容器に乾燥剤と一緒に入れておけば長期間保存できます。

1年を通して新鮮な状態にしておきたいなら、
真空パックが出来る道具を用意して真空保存すると良いでしょう。


どくだみ茶の飲み方

どくだみ茶は緑茶などと違い、
お湯を注ぐだけでは成分が出てきません。

そこで、土鍋やホーローの鍋で煮だして作ります。

金属の鍋を使わないのは、
お茶に含まれるタンニンによって
鍋が黒ずんでしまうからです。


どくだみ茶はかなり苦いので、
毎日飲むとなると大変です。

多少薬効は落ちますが、
煮出す時間を減らしたり、
葉の量を減らすと苦みが抑えられるので、
自分が苦にならない分量で作るようにしましょう。

毎日飲むことで効果があるお茶ですので、
出来るだけ無理をせずに続けるようにしてください。

スポンサードリンク

 - 健康、病気 , ,

  関連記事

tsuyu-ume
なぜ、梅雨に梅を食べるとよいか

朝に梅干しを食べると災難を逃れられるということわざがあります。 「梅はその日の難 …

093573
血液サラサラに!食べ物、飲み物は何を意識すれば良い?

みなさんも血がサラサラか ドロドロかといえば、 血サラサラの方がいいに 決まって …

508984
心筋梗塞の原因と症状その前兆を知りたい

私達の現代社会、 心筋梗塞という名前も、 当たり前に聞きます。 そして、みなさん …

444083
腰痛の筋トレ、原因と改善も併用しましょう

腰痛を抱えている方は、 どのように改善すれば良いのかと 日々模索しながら生活を …

490492
ダニに刺された!! 症状や特徴は

この現代社会において、 ダニなど登場するはずは ないと思っているのではないでしょ …

7269f790856e0e1a0fe59d12ebf7c9e3_s
子供の鼻水を止める方法ってあるのかしら

何か、昔の子供さんって、 青い鼻水をたらたら流しているイメージですが、 そういえ …

Print
インフルエンザにかかっている際の飲酒について

寒く乾燥した時期を過ぎると、 インフルエンザの猛威に 震える必要はなくなりますが …

099304
乳歯の虫歯の初期治療

乳歯についてお母さんに知って欲しいことがあります。子供さんの乳歯が虫歯になってし …

511265
首こりからの吐き気に対処するには?

吐き気というのは風邪などで 胃腸が弱っている時や、 お酒を飲みすぎてしまったとき …

virus_fukutsuu
食後の胃痛は病気のサイン?原因と対策

食事を食べた後、 胃痛がおきてしまったというのは誰でも経験することかもしれません …