日感ブログ

日頃、生活するうえで必要と感じたことを綴るブログ

どくだみ茶の作り方と美味しい飲み方。健康維持の為に毎日一杯のドクダミ茶を飲もう

      2016/09/05

生活習慣病や老化防止に効果がある
として大人気のドクダミ茶、

材料となるドクダミは
あちこちに生えているので
作れるなら自分で作ってしまえば
殆どお金もかかりません。


しかし、作り方や入れ方を間違えると、
折角のドクダミの効果が薄れてしまいます。

正しいドクダミ茶の作り方と、
美味しい飲み方についてご紹介します。


スポンサードリンク


ドクダミ茶の薬効

ドクダミ茶には様々な効能があります。

代表的な物では、
高血圧、心臓病、糖尿病などの
生活習慣病の予防に効果がある
と言われています。

そのほかにも、利尿作用によって
むくみの改善が期待できるほか、

様々なミネラルやビタミンによって
内臓機能の維持にも役立ちます。



ドクダミを手に入れる方法

どくだみ茶を作るためには、
まず原料となるどくだみを
入手しなければいけません。

どくだみは生命力が異常に強い植物ですので、
どんな場所でも平気で繁殖出来るのですが、
一つだけ注意しなければいけません。


どんな場所でも繁殖できるため、
農薬を撒かれていたり、
何らかの人体に害となる成分が多い場所でも
平気で繁殖している場合があります。

そのようなどくだみを材料としてしまうと、
健康を害する場合があります。


通販などでどくだみの苗を入手して、
大きめのプランターで栽培するのが一番オススメです。


ドクダミ茶の作り方

栽培してどくだみが手に入るようになっても、
いつでも収穫して良いというわけではありません。

どくだみの薬効が最も高まるのは、
梅雨の前後の花が咲く時期です。


ちょうどこの時期はどくだみの繁殖力が高まって
一気に葉が増えるので、一気に刈り取りましょう。

刈り取ったどくだみは綺麗に洗い、
根元を適当に縛って軒下につるして乾燥させます。

完全に乾いてカリカリになったらはさみなどで刻み、
新聞紙などに広げて仕上げの乾燥を行います。


できあがったドクダミ茶は、
密閉容器に乾燥剤と一緒に入れておけば長期間保存できます。

1年を通して新鮮な状態にしておきたいなら、
真空パックが出来る道具を用意して真空保存すると良いでしょう。


どくだみ茶の飲み方

どくだみ茶は緑茶などと違い、
お湯を注ぐだけでは成分が出てきません。

そこで、土鍋やホーローの鍋で煮だして作ります。

金属の鍋を使わないのは、
お茶に含まれるタンニンによって
鍋が黒ずんでしまうからです。


どくだみ茶はかなり苦いので、
毎日飲むとなると大変です。

多少薬効は落ちますが、
煮出す時間を減らしたり、
葉の量を減らすと苦みが抑えられるので、
自分が苦にならない分量で作るようにしましょう。

毎日飲むことで効果があるお茶ですので、
出来るだけ無理をせずに続けるようにしてください。

スポンサードリンク

 - 健康、病気 , ,

  関連記事

475874
食中毒で起こる発熱の症状はどれぐらいの期間で治る?

細菌やウイルスが体内に入ることで発症する食中毒、 発症してしまうと下痢や嘔吐、発 …

はしか
子どもの病気はしか、その症状は?

子どもが掛かる病気の一つ、 はしか。 保育園や幼稚園から 貰ってくるウィルス感染 …

343444
ロタウイルスの予防接種、効果はどのくらい?

小さなお子様を持つ親御さんは、 様々な予防接種について意識しなければなりません。 …

hat-sunglass
紫外線アレルギー対策は、日傘、サングラス、日焼け止めクリームでいいか

日差しが強くなる季節になると気になるのが紫外線ですね。 紫外線といえば夏の日差し …

535568
溶連菌は大人にもうつるの?症状や薬治療について

溶連菌って子供さんのものと 思っている人もいるようですが、 そうでもないようです …

099304
乳歯の虫歯の初期治療

乳歯についてお母さんに知って欲しいことがあります。子供さんの乳歯が虫歯になってし …

10b6c4c8a1be7a60f193b386deb1716b_s
寝起きにかかとが痛い原因は足裏の炎症だった?脚底筋膜炎の治療と予防方法

朝起きて立ち上がろうとした時、 足の裏に痛みを感じることは ありませんか? この …

568834
風邪にりんごが効果的!すりおろして食べよう

風邪をひいてしまった時には 風邪薬を服用するのが1番の方法になりますが、お薬が手 …

037882
食中毒の検査方法と必要な時間と費用について知りたい

夏場に増加する食中毒、 一度かかってしまうと暫く調子が戻りません。 原因となる菌 …

117823
インフルエンザにかかると関節など節々が痛い

風邪をひいた時と違い、 インフルエンザにかかると高熱がでるのが特徴です。 そのほ …