日感ブログ

日頃、生活するうえで必要と感じたことを綴るブログ

アトピーを治すシャンプー?石鹸や洗髪剤を変えるだけで症状が激減!?

      2016/08/10

全身の皮膚に炎症が起こり、
辛いかゆみやかさつきでストレスが溜まるアトピー。

その症状を悪化させているのは、
ひょっとしたらお使いの石鹸やシャンプー、
肌着かもしれません。

アトピーの症状を悪化させないシャンプーの選び方と、
肌に優しいシャンプーの選び方をご紹介します。


スポンサードリンク



シャンプーでアトピーの症状が出る原因


洗浄成分として
さまざまなものに含まれている界面活性剤、
これがシャンプーによって
痒みが起きる原因の一つです。


通常の皮膚の状態なら
ほとんど影響の無い成分なのですが、
アトピーなどによって肌が荒れていると、
強い刺激を与えてしまいます。

界面活性剤にも色々な種類があるので、
一概に症状が起きるとは言えませんが、
市販の安い製品には
洗浄力と泡立ちの良さを重視して
効果の強い界面活性剤が使われている事が多いのです。

この強い界面活性剤は、
ラウリン酸Naというもので、
お手頃な価格のシャンプーにはほぼ使われており、
ボトルの裏にある成分表示を見ると
ほぼ確実に配合されています。


アトピーを持っている場合、
この成分が入っていないものを選びましょう。

界面活性剤ってどんなもの?


名前だけを見ると、
なんだか凄そうに思えてしまいますが、
実はそこまで珍しいものではありません。

界面活性剤は、
本来混ざらない油と水を
混ざりやすくする働きのある成分です。

作り方は簡単で、
何らかの油脂を強いアルカリと混ぜ、
加熱する事で生成できます。

シャンプーなどに使われている界面活性剤は、
石油系の油とアルカリを混ぜる事で
作られている場合が多いのですが、
もっと体に刺激の少ない
植物由来の油脂を使ったものも販売されています。


低刺激のシャンプーを使用する


界面活性剤にも種類があり、
油と水を混ぜる働きが小さいものならば、
肌に対する刺激も小さくなります。

ですので、
アトピーなどの症状で
肌が刺激に敏感になっている場合には、
刺激の少ない界面活性剤が使われた洗浄剤を使用すると、
痒みなどの反応が少なくなります。


また、できる限り
洗浄成分以外のものが入っていない製品を
選ぶ事も重要です。

シャンプーには保湿効果やトリートメント効果、
殺菌効果がつけられたものもありますが、
これらの成分も肌にとっては刺激を起こす原因になります。


ごくシンプルな石鹸タイプの無添加シャンプーなら
刺激も少ないので安心して使えます。

ただし、
どうしても肌との相性は出てしまいますので、
もし合わないようでしたら別の製品に変更しましょう。

スポンサードリンク

 - 健康、病気 , ,

  関連記事

140923
胃腸が弱い人はどの食べ物・栄養素がいいか

胃腸の弱い人たちは出来るだけ、 胃に優しい食べ物は何かということを 追求している …

444984
インフルエンザA型の症状とはなにか

インフルエンザは季節性のものと、 季節に関係なく流行するものとがあります。 通常 …

444083
腰痛の筋トレ、原因と改善も併用しましょう

腰痛を抱えている方は、 どのように改善すれば良いのかと 日々模索しながら生活を …

bece23549ca6ff24b553f8755c7fe4de_s
ゲンタシン軟膏ってどんな薬?効果はあるの?

さまざまな皮膚の症状に効果のある ゲンタシン軟膏ですが、 実際にはどんな薬なのか …

イラスト縦
頭痛!こめかみが痛いときの対処法や原因は

みなさんは頭が痛いとき、 どうしていらっしゃるでしょうか。ただ、ひたすら我慢。で …

535568
エンテロウィルス、その症状と予防は?

エンテロウィルスって 聞いても新しいタイプのウィルス? って思ってしまいそうです …

7269f790856e0e1a0fe59d12ebf7c9e3_s
子供の鼻水を止める方法ってあるのかしら

何か、昔の子供さんって、 青い鼻水をたらたら流しているイメージですが、 そういえ …

9e6f47b88e1b13db23092208d6f2dc93_s
足の付け根やお尻、腰が痛いのは坐骨神経痛が原因だった!自宅でできる予防法とは?

長時間座り続ける生活をしていると、 片方の足が全体的にしびれたり、 お尻に鈍痛が …

9fab06d448f22f3f44d4a1c4f4e1cefd_s
昼寝をしたあとに頭痛や吐き気が起こる

昼寝をしてストレス解消、 バリバリ勉強に励むぞという人たちがいます。しかし、その …

451603
症状を知って子供を熱中症から守ろう

子供は大人よりも身体が小さいことが多く、 ちょっとした変化で体調が悪くなることが …