日感ブログ

日頃、生活するうえで必要と感じたことを綴るブログ

症状を知って子供を熱中症から守ろう

      2016/06/16


子供は大人よりも身体が小さいことが多く、
ちょっとした変化で体調が悪くなることが、
少なくありません


そのため親は小さな変化にも気づく必要があるでしょう。

大きな変化が出るころには症状が悪化していることが多いため、
できるだけ早く体調の変化に気づいた方がいいです。

早期発見のためにも様々な症状について
知っておく必要があるかもしれません。

家族の健康のためにも、
病気について勉強する必要があるでしょう。


小さい子は夢中になって遊ぶことが多く、
自分の体調の変化に気づいても無理をすることもあります。

自分で気づいていても、
ある程度我慢することもあるため注意が必要
です。

とくに熱中症の場合は、
最悪の場合命を失うこともある
ため気をつけてください。

スポンサードリンク


熱中症の症状は?



熱中症の症状として、
めまいや失神、筋肉の硬直など
があります。

大量の汗をかく場合や、
頭痛や吐き気、嘔吐もある
でしょう。


意識障害が起こる場合は、
重症の可能性が高くなるため、すぐに医療機関の力を借りてください


熱中症にも様々なものがあり、症状が重いものから軽いものまであります。

現場の応急処置で回復できるものもあるため、
子供の状態で判断するのもいいかもしれません。

ただし最悪の場合は死亡することもあるため、
素人判断で決めつけるのはよくない
です。

子供が普段と違うなら、医療機関に相談するのもいいでしょう。


熱射病の場合は、体温が上昇していることが多いと言われています。

その他の場合は、体温は平熱のことが少なくないので、
体温を参考にするのもいいかもしれません。

熱射病以外には、熱失神、熱痙攣、熱疲労があります。


顔色が悪いときや、脈が弱くて速いなど、
普段とは違う症状があるときは、
子供を涼しい場所に移動させてください


遊ぶことに夢中になると、体調を崩すことがあるため、
暑い日は外で遊ぶのを控えるか、
熱中症対策をしっかりする
ようにしましょう。


普段から熱中症には気を付けよう



子の健康を守るのは親の役割です。

熱中症は親が気をつけると防げることが少なくありません

病気の対策と聞くと
難しそうなイメージがあるかもしれませんが、
意外と簡単なことが多いです。

暑い時期に外出するときは、
身体を冷やすものや水を持っていくといいかもしれません。

普段から熱中症に気をつけていれば、
子供が苦しい思いをしなくてすむ
でしょう。

親としてできることから始めてください。

その日の気温や湿度も考慮して、一日の計画をたてるのもいいです。

適切な判断で家族を守りましょう。

スポンサードリンク

 - 健康、病気, 熱中症 , ,

  関連記事

3527_001
眠気と熱中症の関係は意外にも深い!しっかり眠れる方法は?

眠気の強い日々を過ごしている方は 単純に寝不足ということも考えられますが、 特に …

291367
膀胱炎の症状は辛い!初期の治し方について

膀胱炎というのは初期症状であっても 本人にとっては非常に辛いものとなってしまいま …

252564
入院時のお見舞いは亡くなった場合でもお返しは必要?どんなふうに返せばいいの?

病気で入院していると、 仲の良い方や親戚などから お見舞いを頂くことがあります。 …

20180906-2
女性美を高めるヒラクとは

ヒラクは漢字で書くと「皮絡」です。東洋医学で用いられる言葉です。ヒラクを知るには …

466411
インフルエンザはアルコール消毒が有効か

秋からインフルエンザに 感染する人が増えてきます。 インフルエンザは ウイルスに …

357470
足の血行を運動とマッサージで良くしよう!

私達はやっぱり 日々健康になるぞという モチベーションが大事なのです。現代社会に …

568834
風邪にりんごが効果的!すりおろして食べよう

風邪をひいてしまった時には 風邪薬を服用するのが1番の方法になりますが、お薬が手 …

427786
熱で関節痛の原因について知る

みなさん一生懸命日々仕事を 頑張っていらっしゃるのかもしれません。 病気どころで …

09d4c6e72b7f8092d9347ba97697a0e4_s
足底筋膜炎の原因は?治療をする際に注意することは?

立ち仕事をしていたり、 スポーツをしていると 足の裏に痛みが起こることがあります …

%e9%a2%a8%e9%82%aa%e3%83%93%e3%82%bf%e3%83%9f%e3%83%b3c
ビタミンCの摂取で風邪に効果があるってウソ!

「ホンマでっかTV」の放送(2017.1.4)で 脳科学者の澤口俊之先生がビタミ …