日感ブログ

日頃、生活するうえで必要と感じたことを綴るブログ

熱中症は高齢者に多い!?その原因と対策は

      2016/06/16

熱中症といえば
炎天下でスポーツや作業をする人に多い、
というイメージを持つ人も多いかもしれません。


しかし実は、
その多くを占めているのは高齢者です。

しかも屋外ではなく
室内で発症するケースが非常に多くなっています。

なぜこうしたことが起きるのでしょうか。

スポンサードリンク



高齢者は熱中症にかかりやすいのはなぜ?


高齢者が熱中症にかかりやすい原因の一つとして、
暑さを感じにくいということがあります。


年齢とともに暑さ寒さを感じる感覚が衰え、
室内が高温になっても気づかずに、
エアコンをつけずにいたために
熱中症になってしまうというケースが少なくありません。

また体温調節機能も衰え、
汗をかきにくいために体内に熱がこもってしまう
という問題もあります。


それでいて元々体内の水分量が若い人に比べて少なく、
喉が渇きにくいため水をあまり飲みません。

そのためますます汗をかきにくくなる
という悪循環があるほか、
脱水症状のリスクも高い状態にあります。

それでも頻尿を恐れて水分を控える人もおり、
ますます熱中症になりやすい、
ということになります。

そうでなくても体力が低下し、
持病を抱えている人も多い高齢者の場合、
熱中症になれば即、
命の危険につながることも少なくありません。

毎年5月頃から
熱中症で緊急搬送される人が増えますが、
その実に半数近くを高齢者が占めているのです。
こうした事態を防ぐためには
どうしたらよいのでしょうか。

スポンサードリンク



高齢者の熱中症対策


まず、体感で温度変化を感じにくいので
必ず部屋に温度計を置いてチェックすること。

そして水分補給をこまめにすることが大切です。

無理をせずエアコンで室温を適度に
調整することも必要ですが、
1日に1回は窓を開けて換気をすることも
忘れないようにしたいものです。

窓にはすだれをかけて直射日光を防げば、
室温の上昇を防ぐと同時に
冷房効率もアップします。

服装もゆったりとして風通しが良く、
吸湿性・速乾性共にすぐれた素材のものを選びましょう。

また、室内にこもってばかりではなく
1日1回は外に出て、
暑さに慣れ汗をかくようにすることも大切です。

その場合、日差しの強い日中は避け、
朝の涼しい時間帯などに散歩をするのがおすすめです。

これらの注意事項は、高齢者の場合
すべてきちんと守るのが難しい場合もあります。

まわりの人がよく注意をし、
まめに声をかけてあげることも
熱中症予防の重要な対策の一つといえるでしょう。

まためまいや頭痛、吐き気などの症状が出たら
重症化する前に
速やかに医師の診察を受けることも大切です。

スポンサードリンク

 - 熱中症 ,

  関連記事

tatemono_hospital2
熱中症で寒気を感じることもある

猛烈な暑さと湿度により、 不快指数がはね上がって来る時期になると、 熱中症にも気 …

468421
熱中症は軽度の段階で見抜くのがポイント

毎年夏になるとニュースで 取り上げられる熱中症は 軽度の段階で見抜いて対処するこ …

3527_001
眠気と熱中症の関係は意外にも深い!しっかり眠れる方法は?

眠気の強い日々を過ごしている方は 単純に寝不足ということも考えられますが、 特に …

451603
症状を知って子供を熱中症から守ろう

子供は大人よりも身体が小さいことが多く、 ちょっとした変化で体調が悪くなることが …

natsubate_businessman2
熱中症で寒気や嘔吐症状がでた時の対処法

熱中症とは、 発汗機能や循環機能に異常が起こり、 体温の調節がうまくできなくなる …

プリント
子どもの熱中症対策について

気温が高くなるシーズンでは 熱中症に注意しておく必要があります。 特に身体を動か …

430587
クーラーを上手に利用して熱中症を防ごう

暑くなると熱中症で亡くなるというニュースをよく目にします。体の機能の変調は意識レ …

449224
高熱を伴なう熱中症は重症で命の危険もあり

熱中症とは、 高温多湿の環境で様々な症状が出ることの総称です。 症状の軽い方から …

474824
熱中症の症状と回復方法

熱中症とは 人が高温多湿の環境に長時間居続けて 大量の発汗などで体の水分や 塩分 …

medical_samuke
熱中症で寒いと感じた時の原因と対処法

外気や直射日光によって 体温が急上昇してしまって 引き起こされる諸症状が熱中症で …