日感ブログ

日頃、生活するうえで必要と感じたことを綴るブログ

インフルエンザはいつから注意したらよいか

   

インフルエンザは11月から3月ごろまで続く
ウイルスによる感染症です。

ウイルスは大変強く、
感染者のくしゃみや鼻水、
咳からうつっていきます。

空気中に2日程度は漂っていることができるため、
感染者が近くにいなくても感染する可能性があります。

スポンサードリンク


インフルエンザの種類


インフルエンザにはA型、B型、C型の3種類があります。

C型は感染しても症状が軽く、
風邪のような症状が出るだけなので、
感染は拡大しません。

また、一度かかると再びかかることはありません。

A型とB型は毎年流行します。

特に流行しやすいのはインフルエンザA型で、
学級閉鎖や学校閉鎖をする地域が多数出ます。


インフルエンザA型はさらにいろいろな種類があり、
種類を予想してワクチンを接種しますが、
接種しても感染してしまうこともあります。

インフルエンザB型の場合は、
A型の流行が終わった後、
はやり始めます。

ウイルスは低温で乾燥した空気を好むので、
3月には終息しますが、
近年では4月になっても感染者が増加しています。


一冬にA型とB型の2種類に感染してしまう方もいるので、
感染時期には外出など気を配る必要があります。

感染した時の注意点


インフルエンザは感染すると
高熱、倦怠感、関節痛、頭痛、腹痛、喉の痛みが現れます。


これらの症状が出た場合医療機関を受診しますが、
いつから受診したらよいか、
という点では発熱後48時間が目安となっています。

48時間以内であれば
ウイルスの増殖を抑え込むことができ、
抗インフルエンザ薬である
タミフルやリレンザ、イナビルがとても良く効きます。


ウイルスに感染すると
おおよそ3日目ぐらいから、
倦怠感がなくなり、
逆に鼻水や咳がではじめます。

薬を服用していても薬には
ウイルスを抹消する効果はないため、
ウイルスを排出している可能性があります。


この時期になると体が楽になるので、
いつから出勤できるか、
通学できるか考えてしまいますが、
最も人にうつしやすくなっているので、
体が楽になったからと言って
すぐに外出するのはやめるようにしましょう。

外出はいつ頃から?


学校では登校基準が決められているので、
学校と医療機関に相談してから登校するようにします。


なお、ウイルスによる感染症は
重症化しやすい傾向にあります。

インフルエンザの場合も乳幼児や妊婦、
高齢者は重症化しやすくなります。


重症化した場合は高齢者であれば肺炎を、
乳幼児であれば脳症や脳炎を、
妊婦であれば流産や死産の引き金になることもあります。

ワクチンを接種する、人ごみへの外出は避ける、
部屋を十分に加湿するといったことを行うようにします。

スポンサードリンク

 - インフルエンザ, 健康、病気 ,

  関連記事

495458
食後にめまいがあるのは貧血じゃないかも?その原因は?

現代社会に生きる人たちは、 いろいろめまいが起こる人たちも いらっしゃるようです …

20150403_01
紫外線が体に与える影響は?予防の方法はどんなものがあるの?

1年を通して降り注ぐ紫外線ですが、 日焼け以外に人体にどのような 影響を与えるの …

252564
入院時のお見舞いは亡くなった場合でもお返しは必要?どんなふうに返せばいいの?

病気で入院していると、 仲の良い方や親戚などから お見舞いを頂くことがあります。 …

444086
インフルエンザで嘔吐と下痢が起きることがある?A型より辛いB型の症状とは?

一般的に感染力の高いA型に比べ、 予防も簡単で感染力も弱い B型は大したことが無 …

466591
インフルエンザの予防接種はどれぐらい間隔をあければいい?

毎年流行するインフルエンザ、 感染してしまうと、 学校や会社から出勤、 出社停止 …

250176
マダニに刺された時の対処法は?跡は消える?

マダニというのは 本来山に生息しているダニの種類になります。 家庭などで話題にな …

389944
中学生の人たちの口臭対策

大人の人たちも、子供さんも、 そして中学生の人たちも、 現代社会において口臭で悩 …

kin_kabi
カビが体に与える影響とは?気づかないうちに体調不良の原因になっているかも?

湿気が増えてくると多くなるカビ。押入れの奥など、 あまり見ない場所に生えやすく、 …

95eecc0980fc593f816521855f4d9e02_s
認知症ってどんな病気?治ることはあるの?

高齢者に多い病気として 認知症があります。 いわゆるボケという症状ですが、 実は …

476388
インフルエンザの時にアスピリンを飲むと危険?中毒で後遺症が残る事も!

頭痛や熱、様々な痛みなどに効き、 副作用も少ないアスピリン。低用量で使用すると …