日感ブログ

日頃、生活するうえで必要と感じたことを綴るブログ

インフルエンザはアルコール消毒が有効か

      2016/06/12

秋からインフルエンザに

感染する人が増えてきます。

インフルエンザは

ウイルスによる感染症で、

比較的感染力が強いです。

主な感染経路は飛沫、空気、

接触の3つで、

感染した人のくしゃみや鼻水、

鼻をかんだティッシュなどから

簡単にうつってしまいます。

また、ウイルスも乾燥した

空気中であれば2日程度浮遊することができ、

浮遊しているウイルスを

吸い込むことによって発症してしまいます。

スポンサードリンク

インフルエンザの種類

インフルエンザには

A型、B型、C型の3つと、

新型のものがあります。

新型は主にA型の部類に入りますが、

通常季節性の物とは区別されることが多いです

C型は流行することはないですが、

A型とB型は流行しやすく、

もっとも感染者が多い1月ころは

学校閉鎖になることもあります。

インフルエンザの主な症状は


急な高熱と倦怠感、関節痛、咽頭痛、頭痛です。

熱が高く出るため悪寒を感じることもあります。

流行期にこのような症状が出た場合は

インフルエンザに感染したと考えてよいでしょう。

発熱後48時間以内に病院にて検査をしないと

陽性と反応せず、

リレンザやタミフルが処方されません。

リレンザなどを使用しなくても

1週間程度で症状は治まりますが、

使用する場合と比べて長く苦しむことが多いです。

インフルエンザは重症化しやすいので

予防が大切になってきます。

インフルエンザの感染予防

インフルエンザに感染しないためには

予防接種はもちろんのこと、

手洗いやマスクの着用、

規則正しい生活習慣、

食生活などに気を配る必要があります。

手洗いに関しては良く泡立てた石鹸で

洗っても効果がありますが、

より効果を得るには

アルコール消毒を行うと良いでしょう。

ウイルスはエンベロープという

脂質性の膜で覆われています。

このエンベローブは水に溶けにくく、

油に溶けやすいという性質があり、

アルコール消毒をすることにより、

ウイルスの膜であるエンベローブを溶かし、

不活化することができます。

使用法としてはまず、

石鹸で丁寧に手洗いをします。

石鹸で洗うことで

手の汚れを落とすほか、

手についているウイルスを

落としやすくします。

次に速乾性のあるアルコール消毒剤を

使用します。

アルコール消毒剤はアルコール濃度が

70%だと最も効果を示します。

そして消毒剤を使用した後は

必ずクリームなどを使用して

保湿するようにしましょう。

インフルエンザのウイルスは口から侵入し、

口の粘膜で増殖していくことが多いです。

マスクを着用し、

丁寧に手洗いをすることが最も大切となります。

スポンサードリンク

 - インフルエンザ, 健康、病気 ,

  関連記事

40eab388ac57eee4f66ff5e36d3eddcf_s
女性に多い腰痛を予防する方法と、オススメの治療法

一般的に、 男性より女性の方が 腰痛にかかりやすいと言われています。 これは男性 …

140923
胃腸が弱い人はどの食べ物・栄養素がいいか

胃腸の弱い人たちは出来るだけ、 胃に優しい食べ物は何かということを 追求している …

099304
乳歯の虫歯の初期治療

乳歯についてお母さんに知って欲しいことがあります。子供さんの乳歯が虫歯になってし …

95eecc0980fc593f816521855f4d9e02_s
認知症ってどんな病気?治ることはあるの?

高齢者に多い病気として 認知症があります。 いわゆるボケという症状ですが、 実は …

20180908-3
バストアップのための豊胸手術の前に考えたいこと

バストアップの方法の一つとして豊胸手術があります。バストに悩みを持っている人でし …

Print
家族がインフルエンザにかかったら?家庭でできる感染予防法とは?

家族の誰かが持ち込んだ インフルエンザで家族全滅、 なんて話は冬場になると 一度 …

250176
マダニに刺された時の対処法は?跡は消える?

マダニというのは 本来山に生息しているダニの種類になります。 家庭などで話題にな …

398215
胃腸を強くする筋トレ方法

胃腸が強くなりたいというもののなんで、 胃腸が強くなければならないのでしょうか。 …

はしか
子どもの病気はしか、その症状は?

子どもが掛かる病気の一つ、 はしか。 保育園や幼稚園から 貰ってくるウィルス感染 …

058697
いぼ痔の原因や治し方はどんな注意をすれば良いの?

ちょっと人様の前で 「オレはイボ痔なんだぜ!」 なんて堂々と言えないのですが、 …