日感ブログ

日頃、生活するうえで必要と感じたことを綴るブログ

紫外線が体に与える影響は?予防の方法はどんなものがあるの?

      2018/06/04

1年を通して降り注ぐ紫外線ですが、
日焼け以外に人体にどのような
影響を与えるのでしょうか?

実は、紫外線を浴びすぎると、
色々な問題が起こったり、
アレルギー症状が出ることがあるのです。

紫外線を浴びることによる体への影響と
予防方法について説明していきます。

スポンサードリンク

紫外線を浴びることで起こるトラブル

紫外線は一年中地上に降り注いでいますが、
秋や冬場程度の量では
あまり問題は起こりません。

むしろビタミンDの生成を助けるため、
丈夫な骨の維持に役に立ちます。

しかし、初夏から夏にかけては
紫外線の量が多くなるため、
日焼けや目の炎症などの症状が
起きてしまいます。

日焼けは重度になると
皮膚ガンの原因となってしまいますし、
熱による乾燥や肌のメラニン生成などによって
シミやソバカスの原因ともなります。

また、体質によっては紫外線アレルギーを
発症してしまい、
頭痛や熱、めまいや倦怠感などの
症状が現れることもあります。

紫外線によるトラブルを予防する

これらの紫外線による症状を予防するなら、
紫外線の多い時期に紫外線を
浴びないことが重要です。

帽子や日焼け止め、
UVカットできる衣類、
サングラスなどを着用すれば
これらの症状は抑えられます。

ただ、アレルギーの場合は
少量の紫外線でも症状が
出てしまうことがあるので、
病院で抗アレルギー剤などを
処方してもらいましょう。

日焼け止めによるトラブル

紫外線予防で人気の日焼け止めですが、
体質によっては肌荒れや
アレルギーの原因となって
しまうこともあります。

日焼け止めには紫外線を
吸収する粒子が入っているもの、
紫外線を跳ね返す成分のものがあります。

このうち、肌に悪影響を与える可能性があるのは
紫外線を吸収するタイプのものです。

もし敏感肌だったり、
アトピーを持っているなら、
紫外線を跳ね返すタイプのものを利用しましょう。

外出後は日焼け止めをきれいに落とし、
化粧水や乳液などで肌のケアも行ってください。

まとめ

紫外線は体の健康維持にも大切なものですが、
浴びすぎてしまうと色々な
トラブルの原因となってしまいます。

日焼け止めを使っても、
逆に肌荒れの原因と
なってしまうこともありますので、
自分の体質に合った日焼け止めを選び、
帽子やアームカバーなどで
紫外線を極力浴びないように予防しましょう。

症状が重いようなら、
皮膚科などで検査を行い、
アレルギーが発症していないかどうか確認し、
もしアレルギーなら薬などで治療を行いましょう。

スポンサードリンク

 - 健康、病気, 生活 ,

  関連記事

495458
食後にめまいがあるのは貧血じゃないかも?その原因は?

現代社会に生きる人たちは、 いろいろめまいが起こる人たちも いらっしゃるようです …

virus_tearai
食事による食中毒を防ぐ対処法とは

食中毒は年中起きています。特に暑い時期に増える傾向があるのが食中毒です。大きなニ …

514922
肺が痛い、気胸とはどのような病気?その治療法は

肺が痛い場合、 どのような病気を考 えることが出来るのでしょうか。 それは気胸( …

474824
熱中症の症状と回復方法

熱中症とは 人が高温多湿の環境に長時間居続けて 大量の発汗などで体の水分や 塩分 …

476447
下痢で黒い便が出るのは病気?

下痢をしてしまった時には 腹痛が続いてしまうこともあり、 非常につらい思いをしま …

508984
心筋梗塞の原因と症状その前兆を知りたい

私達の現代社会、 心筋梗塞という名前も、 当たり前に聞きます。 そして、みなさん …

202014
鼻づまりの解消方法や鼻炎の対策

鼻づまりは誰にとっても 非常につらい症状となってしまいます。 鼻詰まりが起きる原 …

107895
アシナガバチに刺された際の症状や応急処置など

アシナガバチに刺されたとき、 みなさんは、 どう対処してますか? そんなことは …

117823
インフルエンザにかかると関節など節々が痛い

風邪をひいた時と違い、 インフルエンザにかかると高熱がでるのが特徴です。 そのほ …

petbottle_sports
食中毒による腹痛の治し方と注意点

激しい嘔吐と下痢、腹痛で苦しめられる食中毒。 せめて腹痛だけでもと思い 鎮痛剤な …