日感ブログ

日頃、生活するうえで必要と感じたことを綴るブログ

紫外線が体に与える影響は?予防の方法はどんなものがあるの?

      2018/06/04

1年を通して降り注ぐ紫外線ですが、
日焼け以外に人体にどのような
影響を与えるのでしょうか?

実は、紫外線を浴びすぎると、
色々な問題が起こったり、
アレルギー症状が出ることがあるのです。

紫外線を浴びることによる体への影響と
予防方法について説明していきます。

スポンサードリンク

紫外線を浴びることで起こるトラブル

紫外線は一年中地上に降り注いでいますが、
秋や冬場程度の量では
あまり問題は起こりません。

むしろビタミンDの生成を助けるため、
丈夫な骨の維持に役に立ちます。

しかし、初夏から夏にかけては
紫外線の量が多くなるため、
日焼けや目の炎症などの症状が
起きてしまいます。

日焼けは重度になると
皮膚ガンの原因となってしまいますし、
熱による乾燥や肌のメラニン生成などによって
シミやソバカスの原因ともなります。

また、体質によっては紫外線アレルギーを
発症してしまい、
頭痛や熱、めまいや倦怠感などの
症状が現れることもあります。

紫外線によるトラブルを予防する

これらの紫外線による症状を予防するなら、
紫外線の多い時期に紫外線を
浴びないことが重要です。

帽子や日焼け止め、
UVカットできる衣類、
サングラスなどを着用すれば
これらの症状は抑えられます。

ただ、アレルギーの場合は
少量の紫外線でも症状が
出てしまうことがあるので、
病院で抗アレルギー剤などを
処方してもらいましょう。

日焼け止めによるトラブル

紫外線予防で人気の日焼け止めですが、
体質によっては肌荒れや
アレルギーの原因となって
しまうこともあります。

日焼け止めには紫外線を
吸収する粒子が入っているもの、
紫外線を跳ね返す成分のものがあります。

このうち、肌に悪影響を与える可能性があるのは
紫外線を吸収するタイプのものです。

もし敏感肌だったり、
アトピーを持っているなら、
紫外線を跳ね返すタイプのものを利用しましょう。

外出後は日焼け止めをきれいに落とし、
化粧水や乳液などで肌のケアも行ってください。

まとめ

紫外線は体の健康維持にも大切なものですが、
浴びすぎてしまうと色々な
トラブルの原因となってしまいます。

日焼け止めを使っても、
逆に肌荒れの原因と
なってしまうこともありますので、
自分の体質に合った日焼け止めを選び、
帽子やアームカバーなどで
紫外線を極力浴びないように予防しましょう。

症状が重いようなら、
皮膚科などで検査を行い、
アレルギーが発症していないかどうか確認し、
もしアレルギーなら薬などで治療を行いましょう。

スポンサードリンク

 - 健康、病気, 生活 ,

  関連記事

093573
血液サラサラに!食べ物、飲み物は何を意識すれば良い?

みなさんも血がサラサラか ドロドロかといえば、 血サラサラの方がいいに 決まって …

140927
首コリで吐き気や頭痛が出る原因を探る

人間の体はどこか一部分が 凝り固まってしまうと、 全身に影響が出てしまうことがあ …

イラスト縦
頭痛!こめかみが痛いときの対処法や原因は

みなさんは頭が痛いとき、 どうしていらっしゃるでしょうか。ただ、ひたすら我慢。で …

20180307-1
人の興味ポイントを意識して話する

興味ポイントとは人と会話するとき、相手の人が何に興味があるか意識した方が会話がス …

bece23549ca6ff24b553f8755c7fe4de_s
ゲンタシン軟膏ってどんな薬?効果はあるの?

さまざまな皮膚の症状に効果のある ゲンタシン軟膏ですが、 実際にはどんな薬なのか …

511265
首こりからの吐き気に対処するには?

吐き気というのは風邪などで 胃腸が弱っている時や、 お酒を飲みすぎてしまったとき …

プリント
子どもの熱中症対策について

気温が高くなるシーズンでは 熱中症に注意しておく必要があります。 特に身体を動か …

298438
妊娠中の骨盤の痛み、どんな事が原因?

妊娠中に起こる骨盤の痛み、 大きく分けて3つの原因があるとか。 50-80%の妊 …

244515
股関節から音がする原因は?治療法はどんなものがあるの?

日常生活を送っている中で、 体の一部から不自然な音が 出てしまうという状況は 大 …

188566
法事の服装、女性の注意点は主に三つ

法事の際の服装は ブラックフォーマルといった 認識を持っている方がほとんどです。 …