日感ブログ

日頃、生活するうえで必要と感じたことを綴るブログ

紫外線が体に与える影響は?予防の方法はどんなものがあるの?

      2018/06/04

1年を通して降り注ぐ紫外線ですが、
日焼け以外に人体にどのような
影響を与えるのでしょうか?

実は、紫外線を浴びすぎると、
色々な問題が起こったり、
アレルギー症状が出ることがあるのです。

紫外線を浴びることによる体への影響と
予防方法について説明していきます。

スポンサードリンク

紫外線を浴びることで起こるトラブル

紫外線は一年中地上に降り注いでいますが、
秋や冬場程度の量では
あまり問題は起こりません。

むしろビタミンDの生成を助けるため、
丈夫な骨の維持に役に立ちます。

しかし、初夏から夏にかけては
紫外線の量が多くなるため、
日焼けや目の炎症などの症状が
起きてしまいます。

日焼けは重度になると
皮膚ガンの原因となってしまいますし、
熱による乾燥や肌のメラニン生成などによって
シミやソバカスの原因ともなります。

また、体質によっては紫外線アレルギーを
発症してしまい、
頭痛や熱、めまいや倦怠感などの
症状が現れることもあります。

紫外線によるトラブルを予防する

これらの紫外線による症状を予防するなら、
紫外線の多い時期に紫外線を
浴びないことが重要です。

帽子や日焼け止め、
UVカットできる衣類、
サングラスなどを着用すれば
これらの症状は抑えられます。

ただ、アレルギーの場合は
少量の紫外線でも症状が
出てしまうことがあるので、
病院で抗アレルギー剤などを
処方してもらいましょう。

日焼け止めによるトラブル

紫外線予防で人気の日焼け止めですが、
体質によっては肌荒れや
アレルギーの原因となって
しまうこともあります。

日焼け止めには紫外線を
吸収する粒子が入っているもの、
紫外線を跳ね返す成分のものがあります。

このうち、肌に悪影響を与える可能性があるのは
紫外線を吸収するタイプのものです。

もし敏感肌だったり、
アトピーを持っているなら、
紫外線を跳ね返すタイプのものを利用しましょう。

外出後は日焼け止めをきれいに落とし、
化粧水や乳液などで肌のケアも行ってください。

まとめ

紫外線は体の健康維持にも大切なものですが、
浴びすぎてしまうと色々な
トラブルの原因となってしまいます。

日焼け止めを使っても、
逆に肌荒れの原因と
なってしまうこともありますので、
自分の体質に合った日焼け止めを選び、
帽子やアームカバーなどで
紫外線を極力浴びないように予防しましょう。

症状が重いようなら、
皮膚科などで検査を行い、
アレルギーが発症していないかどうか確認し、
もしアレルギーなら薬などで治療を行いましょう。

スポンサードリンク

 - 健康、病気, 生活 ,

  関連記事

09d4c6e72b7f8092d9347ba97697a0e4_s
足底筋膜炎の原因は?治療をする際に注意することは?

立ち仕事をしていたり、 スポーツをしていると 足の裏に痛みが起こることがあります …

449224
高熱を伴なう熱中症は重症で命の危険もあり

熱中症とは、 高温多湿の環境で様々な症状が出ることの総称です。 症状の軽い方から …

250176
マダニに刺された時の対処法は?跡は消える?

マダニというのは 本来山に生息しているダニの種類になります。 家庭などで話題にな …

202014
鼻づまりの解消方法や鼻炎の対策

鼻づまりは誰にとっても 非常につらい症状となってしまいます。 鼻詰まりが起きる原 …

鼻うがい
花粉症、鼻づまりに効果のある鼻うがいのやり方

鼻うがいは鼻の中の粘膜に付着している花粉・菌・ホコリなどのアレルギー物質の抗原体 …

045184
子供の朝の口臭は何が原因なの?改善法は?

大人に比べると、子供というのは口の中も清潔で 虫歯になってしまう可能性も低い と …

tuyu-ase
梅雨の時期、汗のかきかたに応じた体の手入れ

梅雨の季節となりました。高温多湿の時もあれば低温多湿の時もあったりと、なにかと体 …

293982
大腸ポリープの良性・悪性の判断

大腸ポリープという言葉の響きに、 決して多くの人たちが いいイメージを抱かないの …

188566
法事の服装、女性の注意点は主に三つ

法事の際の服装は ブラックフォーマルといった 認識を持っている方がほとんどです。 …

495458
食後にめまいがあるのは貧血じゃないかも?その原因は?

現代社会に生きる人たちは、 いろいろめまいが起こる人たちも いらっしゃるようです …