日感ブログ

日頃、生活するうえで必要と感じたことを綴るブログ

紫外線が体に与える影響は?予防の方法はどんなものがあるの?

      2018/06/04

1年を通して降り注ぐ紫外線ですが、
日焼け以外に人体にどのような
影響を与えるのでしょうか?

実は、紫外線を浴びすぎると、
色々な問題が起こったり、
アレルギー症状が出ることがあるのです。

紫外線を浴びることによる体への影響と
予防方法について説明していきます。

スポンサードリンク

紫外線を浴びることで起こるトラブル

紫外線は一年中地上に降り注いでいますが、
秋や冬場程度の量では
あまり問題は起こりません。

むしろビタミンDの生成を助けるため、
丈夫な骨の維持に役に立ちます。

しかし、初夏から夏にかけては
紫外線の量が多くなるため、
日焼けや目の炎症などの症状が
起きてしまいます。

日焼けは重度になると
皮膚ガンの原因となってしまいますし、
熱による乾燥や肌のメラニン生成などによって
シミやソバカスの原因ともなります。

また、体質によっては紫外線アレルギーを
発症してしまい、
頭痛や熱、めまいや倦怠感などの
症状が現れることもあります。

紫外線によるトラブルを予防する

これらの紫外線による症状を予防するなら、
紫外線の多い時期に紫外線を
浴びないことが重要です。

帽子や日焼け止め、
UVカットできる衣類、
サングラスなどを着用すれば
これらの症状は抑えられます。

ただ、アレルギーの場合は
少量の紫外線でも症状が
出てしまうことがあるので、
病院で抗アレルギー剤などを
処方してもらいましょう。

日焼け止めによるトラブル

紫外線予防で人気の日焼け止めですが、
体質によっては肌荒れや
アレルギーの原因となって
しまうこともあります。

日焼け止めには紫外線を
吸収する粒子が入っているもの、
紫外線を跳ね返す成分のものがあります。

このうち、肌に悪影響を与える可能性があるのは
紫外線を吸収するタイプのものです。

もし敏感肌だったり、
アトピーを持っているなら、
紫外線を跳ね返すタイプのものを利用しましょう。

外出後は日焼け止めをきれいに落とし、
化粧水や乳液などで肌のケアも行ってください。

まとめ

紫外線は体の健康維持にも大切なものですが、
浴びすぎてしまうと色々な
トラブルの原因となってしまいます。

日焼け止めを使っても、
逆に肌荒れの原因と
なってしまうこともありますので、
自分の体質に合った日焼け止めを選び、
帽子やアームカバーなどで
紫外線を極力浴びないように予防しましょう。

症状が重いようなら、
皮膚科などで検査を行い、
アレルギーが発症していないかどうか確認し、
もしアレルギーなら薬などで治療を行いましょう。

スポンサードリンク

 - 健康、病気, 生活 ,

  関連記事

188566
法事の服装、女性の注意点は主に三つ

法事の際の服装は ブラックフォーマルといった 認識を持っている方がほとんどです。 …

045184
子供の朝の口臭は何が原因なの?改善法は?

大人に比べると、子供というのは口の中も清潔で 虫歯になってしまう可能性も低い と …

鼻うがい
花粉症、鼻づまりに効果のある鼻うがいのやり方

鼻うがいは鼻の中の粘膜に付着している花粉・菌・ホコリなどのアレルギー物質の抗原体 …

444083
腰痛の筋トレ、原因と改善も併用しましょう

腰痛を抱えている方は、 どのように改善すれば良いのかと 日々模索しながら生活を …

569764
逆流性食道炎は何科?症状に原因はあるの?

逆流性食道炎は常に胃酸が逆流してくるので、 口の中がすっぱいといった症状や その …

7269f790856e0e1a0fe59d12ebf7c9e3_s
子供の鼻水を止める方法ってあるのかしら

何か、昔の子供さんって、 青い鼻水をたらたら流しているイメージですが、 そういえ …

395319
お風呂上がりの湿疹がかゆい原因は体温?対策は何が良い?

毎日の疲れを癒してくれるお風呂は、 汚れを落としてしっかりスッキリとするためにも …

273263
インフルエンザはいつから注意したらよいか

インフルエンザは11月から3月ごろまで続く ウイルスによる感染症です。 ウイルス …

4fedbefa0fd3ae759889d74c5f8b63e5_s
ニキビと吹き出物の違いは?治療方法はどう違うの?

肌に湿疹ができるニキビと吹き出物、 名前は違いますが、 どちらも同じ病気です。 …

398215
胃腸を強くする筋トレ方法

胃腸が強くなりたいというもののなんで、 胃腸が強くなければならないのでしょうか。 …