日感ブログ

日頃、生活するうえで必要と感じたことを綴るブログ

足底筋膜炎の原因は?治療をする際に注意することは?

      2016/09/15

立ち仕事をしていたり、
スポーツをしていると
足の裏に痛みが起こることがあります。

これは脚底筋膜炎といい、
歩行時などの衝撃を和らげる働きがある筋肉が
炎症を起こすことで発症します。

一度発症してしまうと、
きちんと治療しなければ痛みが続いてしまいますし、
悪化すると立ち上がることすら
難しくなってしまいます。


脚底筋膜炎の原因と、
治療と予防について紹介していきます。

スポンサードリンク


脚底筋膜炎の原因


足の裏には、
つま先と踵の骨を繋ぐ筋肉があります。

この筋肉は足の裏が地面に付いた際の
衝撃を吸収する働きがあるのですが、
扁平足であったり、
足の裏の形が変形しているときちんと
衝撃を吸収できず、
筋肉が炎症を起こしてしまいます。


また、足の裏の形状が問題ない場合でも、
使っている靴や自分の体重などが原因で
炎症を起こす場合があります。

その他にも、慣れていない状態で
ジョギングを行うと発症してしまうことがあります。

脚底筋膜炎の治療


初期の段階ではあまり強い痛みは無く、
安静にするだけで痛みは無くなるのですが、
痛みがある状態でまた負荷をかけてしまうと、
どんどん症状が進行してしまうため、
最終的には足の裏に軽く触れるだけで
強い痛みを感じてしまいます。

そうなると立ち上がることすら
難しくなってしまうため、
手術によって痛みの原因となっている
筋肉を切り離して治療を行います。


ただ、基本的に炎症が原因ですので、
ステロイド注射を行ったり、
超音波を利用して筋肉の炎症を抑えれ
ば痛みは無くなります。

脚底筋膜炎の予防方法


歩く際などの衝撃が強すぎたり
吸収しきれない場合に起こる症状ですので、
靴や中敷きによって足裏に
かかる負荷を抑えると痛みは出にくくなります。

ただ、長年の酷使で骨が変形していたり、
足の裏の形状が衝撃を吸収しにくい形となっている場合には
靴だけで予防するのは難しくなってしまいます。

そのような場合には、
仕事中にマッサージやストレッチを行う他、
帰宅後は足裏の筋肉を温めて
血流を良くして筋肉をほぐしましょう。

まとめ


脚底筋膜炎は初期の段階で原因が
わかればすぐに発症を抑えることができます。

一日休めば痛みが無くなるからといって、
そのまま気にせず放置していると、
だんだん骨格がゆがんできたり、
足裏の筋肉の損傷が大きくなって
治りにくい状態になってしまいます。


違和感がある場合は病院で診察を受け、
原因をしっかり調べて治療と予防を行いましょう。


スポンサードリンク

 - 健康、病気 ,

  関連記事

kansetsutsuu_senaka
背中の痛みが出る病気

スポンサードリンク 背中の痛みで考えられる病気 背中の痛みは 場所によって考えら …

202008
唾液が多い病気がある原因って何だろう

唾液が少なくて、 病院を心配している人たちも いらっしゃるのかもしれませんが、 …

40eab388ac57eee4f66ff5e36d3eddcf_s
女性に多い腰痛を予防する方法と、オススメの治療法

一般的に、 男性より女性の方が 腰痛にかかりやすいと言われています。 これは男性 …

virus_zutsuu
低体温の時に頭痛が出る原因は?どうやって治すの?

通常時の体温というのは個人差があります。 比較的な平熱が高い人と低い人に分かれて …

413449
慢性鼻炎の原因と治し方

慢性鼻炎に苦しんでいらっしゃる人たちも いるのではないでしょうか。 慢性鼻炎って …

167249
赤ちゃんが下痢をする原因は親にある?どうすれば良いの?

小さな赤ちゃんは、自分の体調不良などを 言葉にすることができません。そのため、親 …

476388
インフルエンザの時にアスピリンを飲むと危険?中毒で後遺症が残る事も!

頭痛や熱、様々な痛みなどに効き、 副作用も少ないアスピリン。低用量で使用すると …

468421
熱中症は軽度の段階で見抜くのがポイント

毎年夏になるとニュースで 取り上げられる熱中症は 軽度の段階で見抜いて対処するこ …

bece23549ca6ff24b553f8755c7fe4de_s
ゲンタシン軟膏ってどんな薬?効果はあるの?

さまざまな皮膚の症状に効果のある ゲンタシン軟膏ですが、 実際にはどんな薬なのか …

293982
大腸ポリープの良性・悪性の判断

大腸ポリープという言葉の響きに、 決して多くの人たちが いいイメージを抱かないの …