日感ブログ

日頃、生活するうえで必要と感じたことを綴るブログ

寝起きにかかとが痛い原因は足裏の炎症だった?脚底筋膜炎の治療と予防方法

      2016/09/15

朝起きて立ち上がろうとした時、
足の裏に痛みを感じることは
ありませんか?

この症状は足裏筋膜炎といい、
足の裏の筋膜が固まったり
炎症を起こすことで痛みを
発生させています。

何故足の裏が痛むのか、
その原因と予防方法について説明していきます。

スポンサードリンク


足裏筋膜炎とはどんな症状?


足裏筋膜炎は、
疲労や酷使によって足の裏の筋肉が
固まったり炎症を起こしてしまう症状です。

軽度の場合は違和感程度しか感じませんが、
ある程度症状が進行していくと痛みを感じるようになり、
重度の場合は触れるだけで
強い痛みを感じるようになります。


足裏筋膜炎の原因は?


人間の足の裏は、
骨や筋肉の組み合わせで
歩行時の衝撃を吸収する働きがあります。

しかし、長時間負荷をかけ続けたり、
大きな負荷がかかると筋肉が
固まったり断裂してしまいます。


そうなるときちんと衝撃を
吸収することができなくなってしまい、
筋肉が炎症を起こして痛みを感じるようになります。

この筋肉のトラブルには個人差があり、
足の裏の形状であったり、
本人の体重などが影響します。

また、靴がきちんと足に合っていない場合にも
発症しやすくなるため、
靴の選び方も予防には重要となります。

足裏筋膜炎の治療方法


軽度の場合は湿布などを貼って
安静にしているだけで治療できます。

しかし、歩けないなどの
重症の場合は
整形外科などで
治療を行う必要があります。

治療の内容は、
抗炎症剤の注射によって炎症を抑えたり、
低周波やマッサージで筋肉の緊張を緩和します。

これらの治療でも痛みが取れない場合には
手術による治療が行われます。

足裏筋膜炎の予防方法


足の裏に負荷がかかることで
発症する症状ですので、
まずは靴を変えて脚にかかる衝撃を
緩和することです。

もし仕事で靴がある程度決まっているなら
スポーツ用の高機能な中敷きを
利用すると良いでしょう。


初期の段階では足の裏にコリを感じるので、
帰宅後に足裏が疲れているようなら
お風呂でマッサージを行い、
血行を整えるのもオススメです。

スポーツの後に違和感があるようなら、
湿布などで炎症をとり、
翌日からマッサージやストレッチで
筋肉をほぐすと良いでしょう。

まとめ


足裏筋膜炎は、
起きている間に症状が無くても、
眠っている間に疲労で筋肉が固まり、
朝起きた際に痛みが出ることがあります。

長時間歩いたり、
運動をした後は睡眠前に
しっかりケアをしておくと
起床時の痛みを予防できるので、
あまり違和感が無くても
しっかりマッサージをしてから眠るようにしましょう。

スポンサードリンク

 - 健康、病気, 生活 , ,

  関連記事

kin_kabi
カビが体に与える影響とは?気づかないうちに体調不良の原因になっているかも?

湿気が増えてくると多くなるカビ。押入れの奥など、 あまり見ない場所に生えやすく、 …

291367
膀胱炎の症状は辛い!初期の治し方について

膀胱炎というのは初期症状であっても 本人にとっては非常に辛いものとなってしまいま …

petbottle_sports
食中毒による腹痛の治し方と注意点

激しい嘔吐と下痢、腹痛で苦しめられる食中毒。 せめて腹痛だけでもと思い 鎮痛剤な …

444984
インフルエンザA型の症状とはなにか

インフルエンザは季節性のものと、 季節に関係なく流行するものとがあります。 通常 …

162d07779e4587b979ec5d234409e75b_s
どくだみ茶の作り方と美味しい飲み方。健康維持の為に毎日一杯のドクダミ茶を飲もう

生活習慣病や老化防止に効果がある として大人気のドクダミ茶、 材料となるドクダミ …

184115
尿の色は病気のサインかも

尿ってみなさんの健康を 如実に物語っていると思うのです。 日頃みなさんは しっか …

%e9%a2%a8%e9%82%aa%e3%83%93%e3%82%bf%e3%83%9f%e3%83%b3c
ビタミンCの摂取で風邪に効果があるってウソ!

「ホンマでっかTV」の放送(2017.1.4)で 脳科学者の澤口俊之先生がビタミ …

568853
子供が寝ない原因はライフスタイルにあった

夜遅い時間になっても 子供がなかなか寝付いてくれないと、 親御さんはとても困るこ …

025810
秋の花粉症の症状で咳やのど鼻水、風邪との違い

みなさんはその症状を当たり前に、 「風邪」だと言っているのかもしれませんが、 そ …

202014
鼻づまりの解消方法や鼻炎の対策

鼻づまりは誰にとっても 非常につらい症状となってしまいます。 鼻詰まりが起きる原 …