日感ブログ

日頃、生活するうえで必要と感じたことを綴るブログ

寝起きにかかとが痛い原因は足裏の炎症だった?脚底筋膜炎の治療と予防方法

      2016/09/15

朝起きて立ち上がろうとした時、
足の裏に痛みを感じることは
ありませんか?

この症状は足裏筋膜炎といい、
足の裏の筋膜が固まったり
炎症を起こすことで痛みを
発生させています。

何故足の裏が痛むのか、
その原因と予防方法について説明していきます。

スポンサードリンク


足裏筋膜炎とはどんな症状?


足裏筋膜炎は、
疲労や酷使によって足の裏の筋肉が
固まったり炎症を起こしてしまう症状です。

軽度の場合は違和感程度しか感じませんが、
ある程度症状が進行していくと痛みを感じるようになり、
重度の場合は触れるだけで
強い痛みを感じるようになります。


足裏筋膜炎の原因は?


人間の足の裏は、
骨や筋肉の組み合わせで
歩行時の衝撃を吸収する働きがあります。

しかし、長時間負荷をかけ続けたり、
大きな負荷がかかると筋肉が
固まったり断裂してしまいます。


そうなるときちんと衝撃を
吸収することができなくなってしまい、
筋肉が炎症を起こして痛みを感じるようになります。

この筋肉のトラブルには個人差があり、
足の裏の形状であったり、
本人の体重などが影響します。

また、靴がきちんと足に合っていない場合にも
発症しやすくなるため、
靴の選び方も予防には重要となります。

足裏筋膜炎の治療方法


軽度の場合は湿布などを貼って
安静にしているだけで治療できます。

しかし、歩けないなどの
重症の場合は
整形外科などで
治療を行う必要があります。

治療の内容は、
抗炎症剤の注射によって炎症を抑えたり、
低周波やマッサージで筋肉の緊張を緩和します。

これらの治療でも痛みが取れない場合には
手術による治療が行われます。

足裏筋膜炎の予防方法


足の裏に負荷がかかることで
発症する症状ですので、
まずは靴を変えて脚にかかる衝撃を
緩和することです。

もし仕事で靴がある程度決まっているなら
スポーツ用の高機能な中敷きを
利用すると良いでしょう。


初期の段階では足の裏にコリを感じるので、
帰宅後に足裏が疲れているようなら
お風呂でマッサージを行い、
血行を整えるのもオススメです。

スポーツの後に違和感があるようなら、
湿布などで炎症をとり、
翌日からマッサージやストレッチで
筋肉をほぐすと良いでしょう。

まとめ


足裏筋膜炎は、
起きている間に症状が無くても、
眠っている間に疲労で筋肉が固まり、
朝起きた際に痛みが出ることがあります。

長時間歩いたり、
運動をした後は睡眠前に
しっかりケアをしておくと
起床時の痛みを予防できるので、
あまり違和感が無くても
しっかりマッサージをしてから眠るようにしましょう。

スポンサードリンク

 - 健康、病気, 生活 , ,

  関連記事

252564
入院時のお見舞いは亡くなった場合でもお返しは必要?どんなふうに返せばいいの?

病気で入院していると、 仲の良い方や親戚などから お見舞いを頂くことがあります。 …

250176
マダニに刺された時の対処法は?跡は消える?

マダニというのは 本来山に生息しているダニの種類になります。 家庭などで話題にな …

495458
食後にめまいがあるのは貧血じゃないかも?その原因は?

現代社会に生きる人たちは、 いろいろめまいが起こる人たちも いらっしゃるようです …

5cdd39889746bb97f3f29fb3c10acfa2_s
職場に入院見舞いのお返しをする時はどうすれば良い?

誰でも急な病気やけがで 入院する可能性があります。 入院してしまうと、 仕事が出 …

564133
咳が止まらない!熱ないのに原因は何?

特に風邪をひいておらず、 熱もないといった状態の中で咳ばかり が止まらなくなって …

468421
熱中症は軽度の段階で見抜くのがポイント

毎年夏になるとニュースで 取り上げられる熱中症は 軽度の段階で見抜いて対処するこ …

%e9%a2%a8%e9%82%aa%e3%83%93%e3%82%bf%e3%83%9f%e3%83%b3c
ビタミンCの摂取で風邪に効果があるってウソ!

「ホンマでっかTV」の放送(2017.1.4)で 脳科学者の澤口俊之先生がビタミ …

kansetsutsuu_senaka
背中の痛みが出る病気

スポンサードリンク 背中の痛みで考えられる病気 背中の痛みは 場所によって考えら …

099304
乳歯の虫歯の初期治療

乳歯についてお母さんに知って欲しいことがあります。子供さんの乳歯が虫歯になってし …

539833
大人の溶連菌!繰り返す理由って何

溶連菌ってご存じでしょうか。 まずは、 溶連菌が何かという話しから スタートしま …