日感ブログ

日頃、生活するうえで必要と感じたことを綴るブログ

歯の黄ばみの原因、そして具体的対策としてパールホワイトproEXプラスの紹介

   

歯黄ばみなんとなく耳にし目にするので知っていると思っているのが
歯の黄ばみの原因と対策ですが、ここでキチンと確認して、 対策をしましょう。

歯の構造

歯の構造は表面を覆うエナメル層とその内側の象牙質、中心部にある歯髄(神経)でできています。
エナメル層にはペクリル層やプラーク層といったものがあります。
ペクリル層は唾液中の糖タンパクなどによってできた薄い被膜です。
プラーク層は歯垢による有機物の付着です。
さらにその表面に飲食物などによる着色物質が付着しています。

エナメル層は半透明ですので、
歯の色は象牙質の色によるところが大です。
象牙質の色は乳白色ですが、人により、白に近いものから黄色までさまざまです。

日本人を含め黄色人種は白色人種に比べて象牙質が黄色味を帯びている。
またエナメル層が薄く象牙質の色が透けて見えやすいといった傾向にあります。

歯の黄ばみの原因

歯が変色する原因は外因性の原因と内因性の原因があります。

外因性は飲食物や喫煙によるものです。
エナメル質の表面に飲食物の色素やタバコのヤニ(タール)が徐々に付着し、
やがて目に見える形で着色となって現れます。

飲食物では、色の濃いものは着色しやすい。
例を挙げると
赤ワイン、コーヒー、紅茶、ウーロン茶、ココア、チョコレート、ブルーベリー
トマト、ブドウ、カレー、醤油、ケチャップ、ソース
焼きそば、わさび、焼肉、などです。

その他、虫歯の進行、や詰め物・かぶせ物による経年劣化があります。

内因性は加齢による象牙質の色が濃くなる。
エナメル質の摩耗で薄くなり象牙質の黄色が透けて見えやすくなる。

外傷で歯の神経が死んだ時の出血により、赤血球が歯髄内に漏れ出て
ヘモグロビンが分解され、これが歯髄内で着色物質へと
変化し黒ずみになる場合があります。

その他、テトラサイクリン系抗生物質による影響やエナメル質形成不全症、
高濃度のフッ素の摂取などが挙げられます。
ここではそういうものがあるという認識にとどめたいと思います。

歯の黄ばみの対策

歯医者によるホワイトニングと市販の薬により自分で行う方法があります。

歯医者に行った場合、効果はありますが費用はかかります。
市販の薬や機材を利用して自宅でする方法は、いろいろな種類や方法があり費用、効果もそれぞれです。

自宅での実施

歯磨き粉タイプの製品は、歯の黄ばみの原因になる「ステイン」や「その他の着色汚れ」を
磨いて落とす研磨剤が配合されていて、その効果で歯が白く見えます。

そのため、研磨剤が配合された歯磨き粉で磨き過ぎると、歯の表面のエナメル質が傷つき、
その下にある象牙質が浮き出て余計に黄色く見えてしまったり、
歯の表面が傷つくことで着色物質が付着しやすくなってしまいます。

自宅で歯医者さんが行っている方法が実施できれば安くて効果の高いホワイトニングができます。

ここで紹介する
薬用 Pearl White Pro EX プラス は、ホームホワイトニング用の薬用成分と3つのホワイトニング成分で、
「歯の美白」「歯茎の健康」「口臭予防力」に効果を発揮します。

詳細については下記の公式サイトで確認願います。

公式サイトはこちら

歯医者による実施

歯の黄ばみを除去する方法としては、「歯医者で行う方法」と専門医の指導のもと「自宅で行う方法」があります。

歯医者で歯の黄ばみを除去するやり方は、「ホワイトニング剤」で歯を漂白する方法です。
その種類には、「オフィスホワイトニング」、「ホームホワイニング」、「デュアルホワイトニング」と3つあります。
なお、保険は適用されません。

オフィスホワイトニングは、歯の表面に高濃度の薬剤を塗り、
その部分にレーザーの光を当てて歯を漂白していくというやり方です。
オフィスホワイトニングの特徴は、短期間で歯を白くしたい人に最適な
「即効性」のあるホワイトニングです。

1回受けるのに掛かる時間は「30分~1時間」です。白さの持続期間は長くても6ヶ月ほどなので、
タイミングを見計らって再びホワイトニングを行うことで、白い歯を常に保つことができます。

ホームホワイトニングは、歯医者さんで自分に合ったマウスピースを作ってもらい、
その中に低濃度の薬剤を入れ、自宅で装着して歯の漂白を行っていく方法です。
装着時間は1日2時間程度で、1~3週間続けていくことで徐々に歯を白くしていきます。
即効性はありませんが、持続期間が1~2年とオフィスホワイトニングよりも長いのが特徴です。

デュアルホワイトニングは、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングの両方を行っていく方法で、
歯をすぐに白くさせる即効性と、白く保つ持続性を融合したホワイトニングのやり方です。
費用は高くなりますが、歯を白くする効果は一番高いです。

歯は一生の宝です。大事に扱って美容と健康に気をくばり、自分にあったケアを心掛けてください。

スポンサードリンク

 - 健康、病気 , ,

  関連記事

virus_zutsuu
低体温の時に頭痛が出る原因は?どうやって治すの?

通常時の体温というのは個人差があります。 比較的な平熱が高い人と低い人に分かれて …

442671
赤ちゃんにげっぷをさせるコツを伝授!これで吐き戻しを防ぐ

赤ちゃんにミルクを飲ませた後は、 しっかりげっぷをさせなければなりません。自分で …

10b6c4c8a1be7a60f193b386deb1716b_s
寝起きにかかとが痛い原因は足裏の炎症だった?脚底筋膜炎の治療と予防方法

朝起きて立ち上がろうとした時、 足の裏に痛みを感じることは ありませんか? この …

202008
唾液が多い病気がある原因って何だろう

唾液が少なくて、 病院を心配している人たちも いらっしゃるのかもしれませんが、 …

535568
溶連菌は大人にもうつるの?症状や薬治療について

溶連菌って子供さんのものと 思っている人もいるようですが、 そうでもないようです …

037882
食中毒の検査方法と必要な時間と費用について知りたい

夏場に増加する食中毒、 一度かかってしまうと暫く調子が戻りません。 原因となる菌 …

547284
妊娠初期に起こる下痢、つわりから?

妊娠初期は、 子宮の中で着床した受精卵を異物と感じ、 排出しようと色々な体の変化 …

301521
ノロウイルスに赤ちゃんも感染する症状の恐ろしさ

何かノロウイルスっていい言葉の響きでは ありません。 大人の人たちも、 ノロウイ …

bece23549ca6ff24b553f8755c7fe4de_s
ゲンタシン軟膏ってどんな薬?効果はあるの?

さまざまな皮膚の症状に効果のある ゲンタシン軟膏ですが、 実際にはどんな薬なのか …

444984
インフルエンザA型の症状とはなにか

インフルエンザは季節性のものと、 季節に関係なく流行するものとがあります。 通常 …