日感ブログ

日頃、生活するうえで必要と感じたことを綴るブログ

歯の黄ばみの原因、そして具体的対策としてパールホワイトproEXプラスの紹介

   

歯黄ばみなんとなく耳にし目にするので知っていると思っているのが
歯の黄ばみの原因と対策ですが、ここでキチンと確認して、 対策をしましょう。

歯の構造

歯の構造は表面を覆うエナメル層とその内側の象牙質、中心部にある歯髄(神経)でできています。
エナメル層にはペクリル層やプラーク層といったものがあります。
ペクリル層は唾液中の糖タンパクなどによってできた薄い被膜です。
プラーク層は歯垢による有機物の付着です。
さらにその表面に飲食物などによる着色物質が付着しています。

エナメル層は半透明ですので、
歯の色は象牙質の色によるところが大です。
象牙質の色は乳白色ですが、人により、白に近いものから黄色までさまざまです。

日本人を含め黄色人種は白色人種に比べて象牙質が黄色味を帯びている。
またエナメル層が薄く象牙質の色が透けて見えやすいといった傾向にあります。

歯の黄ばみの原因

歯が変色する原因は外因性の原因と内因性の原因があります。

外因性は飲食物や喫煙によるものです。
エナメル質の表面に飲食物の色素やタバコのヤニ(タール)が徐々に付着し、
やがて目に見える形で着色となって現れます。

飲食物では、色の濃いものは着色しやすい。
例を挙げると
赤ワイン、コーヒー、紅茶、ウーロン茶、ココア、チョコレート、ブルーベリー
トマト、ブドウ、カレー、醤油、ケチャップ、ソース
焼きそば、わさび、焼肉、などです。

その他、虫歯の進行、や詰め物・かぶせ物による経年劣化があります。

内因性は加齢による象牙質の色が濃くなる。
エナメル質の摩耗で薄くなり象牙質の黄色が透けて見えやすくなる。

外傷で歯の神経が死んだ時の出血により、赤血球が歯髄内に漏れ出て
ヘモグロビンが分解され、これが歯髄内で着色物質へと
変化し黒ずみになる場合があります。

その他、テトラサイクリン系抗生物質による影響やエナメル質形成不全症、
高濃度のフッ素の摂取などが挙げられます。
ここではそういうものがあるという認識にとどめたいと思います。

歯の黄ばみの対策

歯医者によるホワイトニングと市販の薬により自分で行う方法があります。

歯医者に行った場合、効果はありますが費用はかかります。
市販の薬や機材を利用して自宅でする方法は、いろいろな種類や方法があり費用、効果もそれぞれです。

自宅での実施

歯磨き粉タイプの製品は、歯の黄ばみの原因になる「ステイン」や「その他の着色汚れ」を
磨いて落とす研磨剤が配合されていて、その効果で歯が白く見えます。

そのため、研磨剤が配合された歯磨き粉で磨き過ぎると、歯の表面のエナメル質が傷つき、
その下にある象牙質が浮き出て余計に黄色く見えてしまったり、
歯の表面が傷つくことで着色物質が付着しやすくなってしまいます。

自宅で歯医者さんが行っている方法が実施できれば安くて効果の高いホワイトニングができます。

ここで紹介する
薬用 Pearl White Pro EX プラス は、ホームホワイトニング用の薬用成分と3つのホワイトニング成分で、
「歯の美白」「歯茎の健康」「口臭予防力」に効果を発揮します。

詳細については下記の公式サイトで確認願います。

公式サイトはこちら

歯医者による実施

歯の黄ばみを除去する方法としては、「歯医者で行う方法」と専門医の指導のもと「自宅で行う方法」があります。

歯医者で歯の黄ばみを除去するやり方は、「ホワイトニング剤」で歯を漂白する方法です。
その種類には、「オフィスホワイトニング」、「ホームホワイニング」、「デュアルホワイトニング」と3つあります。
なお、保険は適用されません。

オフィスホワイトニングは、歯の表面に高濃度の薬剤を塗り、
その部分にレーザーの光を当てて歯を漂白していくというやり方です。
オフィスホワイトニングの特徴は、短期間で歯を白くしたい人に最適な
「即効性」のあるホワイトニングです。

1回受けるのに掛かる時間は「30分~1時間」です。白さの持続期間は長くても6ヶ月ほどなので、
タイミングを見計らって再びホワイトニングを行うことで、白い歯を常に保つことができます。

ホームホワイトニングは、歯医者さんで自分に合ったマウスピースを作ってもらい、
その中に低濃度の薬剤を入れ、自宅で装着して歯の漂白を行っていく方法です。
装着時間は1日2時間程度で、1~3週間続けていくことで徐々に歯を白くしていきます。
即効性はありませんが、持続期間が1~2年とオフィスホワイトニングよりも長いのが特徴です。

デュアルホワイトニングは、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングの両方を行っていく方法で、
歯をすぐに白くさせる即効性と、白く保つ持続性を融合したホワイトニングのやり方です。
費用は高くなりますが、歯を白くする効果は一番高いです。

歯は一生の宝です。大事に扱って美容と健康に気をくばり、自分にあったケアを心掛けてください。

スポンサードリンク

 - 健康、病気 , ,

  関連記事

535568
エンテロウィルス、その症状と予防は?

エンテロウィルスって 聞いても新しいタイプのウィルス? って思ってしまいそうです …

449224
高熱を伴なう熱中症は重症で命の危険もあり

熱中症とは、 高温多湿の環境で様々な症状が出ることの総称です。 症状の軽い方から …

b356b0869bce164b0bf0a583c1dfeae0_s
手のひらがかゆい、ストレスとの関係

今、この時、手の平がかゆい という人たちもいるのではないでしょうか。今回、触れる …

20150403_01
紫外線が体に与える影響は?予防の方法はどんなものがあるの?

1年を通して降り注ぐ紫外線ですが、 日焼け以外に人体にどのような 影響を与えるの …

202014
鼻づまりの解消方法や鼻炎の対策

鼻づまりは誰にとっても 非常につらい症状となってしまいます。 鼻詰まりが起きる原 …

539833
大人の溶連菌!繰り返す理由って何

溶連菌ってご存じでしょうか。 まずは、 溶連菌が何かという話しから スタートしま …

40eab388ac57eee4f66ff5e36d3eddcf_s
女性に多い腰痛を予防する方法と、オススメの治療法

一般的に、 男性より女性の方が 腰痛にかかりやすいと言われています。 これは男性 …

454225
子供に口臭がおこるなんて、重大な病気かしら

大人の人たちが、 特に高齢者の人たちが口が臭うというのなら おおかた納得できるこ …

495458
食後にめまいがあるのは貧血じゃないかも?その原因は?

現代社会に生きる人たちは、 いろいろめまいが起こる人たちも いらっしゃるようです …

kin_kabi
カビが体に与える影響とは?気づかないうちに体調不良の原因になっているかも?

湿気が増えてくると多くなるカビ。押入れの奥など、 あまり見ない場所に生えやすく、 …