日感ブログ

日頃、生活するうえで必要と感じたことを綴るブログ

子どもの病気はしか、その症状は?

   


子どもが掛かる病気の一つ、
はしか。

保育園や幼稚園から
貰ってくるウィルス感染症です。

予防接種もあるし、
幼児が掛かるものだと
思っていませんか?


でもはしかが発症しやすいのは
2歳までの乳幼児です。

こどもの病気として
知られるはしかの事を調べてみました。

スポンサードリンク


子どもの病気はしか(麻疹)ってどんな病気?


はしかは急性熱性発疹性のウィルス。

感染力が強く体力を消耗します。

体が小さい子どもは特に体力だけでなく、
高熱が出る事から脳炎や肺炎を引き起こします。


幼児がかかるものだと
思いがちですが、
患者数が最も多いのが1歳、
2番目に多いのが
6ヶ月から11ヶ月となっています。

乳児の場合、親が気が付かないと
重症化する事も多いので、
注意が必要です。

子どもの病気はしか(麻疹)、その症状は?


はしかは10-12日ほどの
潜伏期間があります。

意外と長いです。

その後はしかの症状が出てきます。

はしかは前駆期、発疹期、
そして回復期に分かれます。


まず最初に38度以上の熱が数日あり、
鼻水、咳が出てきます。これが前駆期です。

その後熱は下がりますが、
再び発疹を伴う熱が再び出てきます。

これが発疹期に当たります。

この発疹はコプリック斑と
呼ばれるもので、
小さい白い粘膜疹です。


口の中、頬の内側にも出来
真っ赤になってしまいます。

また目やにも出てきます。

39度と言う高熱が続き、
体中に赤い発疹が広がります。

厄介なのはこの発疹同士が
くっ付いて大きな発疹となってしまうのです。

発疹が出始めたあと3-4日で熱が下がり、
全身に広がった発疹は徐々に無くなっていきます。


これが回復期になります。

湿疹の後はすこし残りますが、
合併症がない限り10日ほどで回復します。

子どもの病気、はしかの原因は?


感染力が強い急性熱性
発疹性の麻疹ウィルスです。

咳やくしゃみの飛沫感染、
同じ空間の空気からも感染します。


感染力が強い為に、学校保健法で
「発疹に伴う発熱(はしかの発疹期)
が解熱した後3日を経過するまで出席停止」

となっており、
医師の許可を得て登園、
登校してはいけない事になっています。

かなり強力な感染力を考えなければいけません。

子どもの病気はしか、家で出来る事は?

高い熱と発疹を伴う
発疹期が一番つらいときです。


熱だけでなく発疹は痒みを伴い、
また口の中は荒れ顔が晴れたり、
食欲がなくなる場合もあります。

体力の消耗共に抵抗力も落ちるので、
安静に過ごす事です。


家族に感染する事が無いように、
部屋を分けるなどの工夫が必要です。

子どもの病気、はしかって予防できる?


はしかの予防として最も
効果があるのは予防接種です。

風疹とはしかの混合のワクチンが
定期摂取として行われています。


1歳から2歳の間、
小学校入学の前の
2回ワクチン接種が受けられます。

予防接種を受ける前に、
はしか患者と接触した場合、
接触3日以内までは
緊急ワクチン接種ではしかの発症を妨げる、
重症化を防ぐという働きを期待できます。


子どもの病気、
はしかは多くの子どもがなっています。

重症化すると死亡する
ケースも出てきます。


特に乳児の場合は
親が気が付いて行動しないといけないので、
注意深く観察するようにしましょう。

スポンサードリンク

 - 健康、病気 , ,

  関連記事

95eecc0980fc593f816521855f4d9e02_s
認知症ってどんな病気?治ることはあるの?

高齢者に多い病気として 認知症があります。 いわゆるボケという症状ですが、 実は …

Print
インフルエンザにかかっている際の飲酒について

寒く乾燥した時期を過ぎると、 インフルエンザの猛威に 震える必要はなくなりますが …

virus_zutsuu
低体温の時に頭痛が出る原因は?どうやって治すの?

通常時の体温というのは個人差があります。 比較的な平熱が高い人と低い人に分かれて …

petbottle_sports
食中毒による腹痛の治し方と注意点

激しい嘔吐と下痢、腹痛で苦しめられる食中毒。 せめて腹痛だけでもと思い 鎮痛剤な …

442671
赤ちゃんにげっぷをさせるコツを伝授!これで吐き戻しを防ぐ

赤ちゃんにミルクを飲ませた後は、 しっかりげっぷをさせなければなりません。自分で …

568834
風邪にりんごが効果的!すりおろして食べよう

風邪をひいてしまった時には 風邪薬を服用するのが1番の方法になりますが、お薬が手 …

449224
高熱を伴なう熱中症は重症で命の危険もあり

熱中症とは、 高温多湿の環境で様々な症状が出ることの総称です。 症状の軽い方から …

520382
妊娠中は温泉卵が危険?その理由は?

妊娠中は赤ちゃんの分の栄養も 取らなくてはいけないと、 朝からしっかり卵を食べて …

鼻うがい
花粉症、鼻づまりに効果のある鼻うがいのやり方

鼻うがいは鼻の中の粘膜に付着している花粉・菌・ホコリなどのアレルギー物質の抗原体 …

513736
採血で貧血を起こす原因と対処法の解説

健康診断をはじめとして、 その他様々な検査をする際には、 血液検査を行うことがあ …