日感ブログ

日頃、生活するうえで必要と感じたことを綴るブログ

低温やけどの症状は?治療薬もあるの?

      2016/10/09

火傷してしまうと水ぶくれになることや、
強い痛みを伴うことから日常生活を送る中で、
できる限り避けたい怪我の一つではないでしょうか。

しかし、ふと気を抜いたときなど、
ちょっとしたタイミングで
火傷をしてしまうこともあります。

炊飯ジャーを触った時や、
さりげなくお鍋を触った時などにも
火傷をしてしまうことがあるでしょう。


このような火傷というのは
あくまでも一般的なものになりますが、
低温やけどというものも存在しています。

こちらの低温やけどの場合には、
一般的な火傷に比べると
少々タチが悪く温度の低い状態で火傷をしますので、
気が付きにくいといったデメリットがあります。


低温やけどをしてしまった時には、
どんな症状が現れるのでしょうか?
また低温火傷専用の治療薬などもあるのかについて調べてみました。

スポンサードリンク


低温火傷も見た目は一般的なやけど

一般的なやけどの場合には触った瞬間に
熱いと思えるような温度のものに触れただけでも
水ぶくれになってしまうことがあります。


また水ぶくれができなくても、
ヒリヒリと痛みを伴ってしまうことや、
赤く炎症を起こしてしまうことになります。

一方で、低温やけどというのは
50度から60度あたりの温度のものがしばらくの間、
お肌に密着していることによって火傷をしてしまいます。

原因となってくるのは冬場に使用する湯たんぽやコタツ、
さらには使い捨てカイロなどがあります。


また近年ではスマートフォンなども
低温やけどの原因になっているようです。

スマートフォンを充電している間や、
その他にも長時間使用している時などに温度が高くなります。

この状態でお肌に密着したまま眠ってしまうようなことがあると、
低温やけどを起こすのです。


低温やけどになってしまった場合にも痛みはごく一般的な火傷と、
さほど変わりません。

水ぶくれができてしまうケースや
赤くなってしまうケースがほとんどではないでしょうか。

ただし極端に温度の高いやけどをした場合と違うのは、
やけどの部分が部分ということと、
すぐさま皮がむけるような症状ではないということになります。



傷が深いため治りにくく跡が残りやすい

低温やけもは前述の通り、
低い温度が長時間お肌に触れていると
起きる症状となっています。


そのため、やけどの根っこ部分が
深くなってしまう可能性が高くなるのです。

表面に水ぶくれができていても、
水ぶくれがつぶれた後は
お肌がへこんだ状態となっており、

これが治りにくく、さらには傷跡となって
残ってしまうことも多々あります。

やはり温度が低い状態で火傷をするので、
自分でも気がつきにくいといったデメリットがあります。


防ぐ方法としては低温火傷の原因になるものは近くに置かない、
ということしかありません。


熱さを感じないので酷くなる

低温やけどは前述した通り、
温度の低い状態での火傷となっています。

そのため、熱さを感じないので
傷そのものもひどくなってしまいます。


このように低温やけどをした際には
専用の治療薬などがありませんので、
ワセリンなどを塗りながら
お肌を守っていくといった方法が一番になります。

また、大きな水ぶくれができているといったケースや、
万が一にでも皮がむけているようであれば
受診することが大切になるでしょう。

皮膚の深い部分までやけどの症状が引き起こされていますので、
すぐにでも処置をしなければ傷痕に残る可能性が高くなるのです。

低温やけどの治療薬として使用されるのは
「リンデロンクリーム」や「ゲンタシンクリーム」などがあります。


また市販されているものとしては
「オロナイン軟膏」や「ドルマイシン軟膏」が
よく知られたところではないでしょうか。

こういったお薬をしっかりと塗り、
ガーゼなどで傷口を塞ぎながら治るのを待つしかありません。

水ぶくれを潰すかどうかに関しては素人が判断するのは難しいため、
心配ならば受診して先生に聞くと良いでしょう。


自然に水ぶくれが潰れてしまった場合にも
上記のようなお薬をたっぷりと塗り、
傷口が乾燥しないように守ってあげることで傷が残りにくく、
さらには傷の治りそのものも早くなります。

スポンサードリンク

 - 健康、病気 , , ,

  関連記事

444083
腰痛の筋トレ、原因と改善も併用しましょう

腰痛を抱えている方は、 どのように改善すれば良いのかと 日々模索しながら生活を …

40eab388ac57eee4f66ff5e36d3eddcf_s
女性に多い腰痛を予防する方法と、オススメの治療法

一般的に、 男性より女性の方が 腰痛にかかりやすいと言われています。 これは男性 …

273263
インフルエンザはいつから注意したらよいか

インフルエンザは11月から3月ごろまで続く ウイルスによる感染症です。 ウイルス …

476388
インフルエンザの時にアスピリンを飲むと危険?中毒で後遺症が残る事も!

頭痛や熱、様々な痛みなどに効き、 副作用も少ないアスピリン。低用量で使用すると …

tuyu-ase
梅雨の時期、汗のかきかたに応じた体の手入れ

梅雨の季節となりました。高温多湿の時もあれば低温多湿の時もあったりと、なにかと体 …

kin_kabi
カビが体に与える影響とは?気づかないうちに体調不良の原因になっているかも?

湿気が増えてくると多くなるカビ。押入れの奥など、 あまり見ない場所に生えやすく、 …

398215
胃腸を強くする筋トレ方法

胃腸が強くなりたいというもののなんで、 胃腸が強くなければならないのでしょうか。 …

451603
症状を知って子供を熱中症から守ろう

子供は大人よりも身体が小さいことが多く、 ちょっとした変化で体調が悪くなることが …

468421
熱中症は軽度の段階で見抜くのがポイント

毎年夏になるとニュースで 取り上げられる熱中症は 軽度の段階で見抜いて対処するこ …

466411
インフルエンザはアルコール消毒が有効か

秋からインフルエンザに 感染する人が増えてきます。 インフルエンザは ウイルスに …