日感ブログ

日頃、生活するうえで必要と感じたことを綴るブログ

低温やけどの症状は?治療薬もあるの?

      2016/10/09

火傷してしまうと水ぶくれになることや、
強い痛みを伴うことから日常生活を送る中で、
できる限り避けたい怪我の一つではないでしょうか。

しかし、ふと気を抜いたときなど、
ちょっとしたタイミングで
火傷をしてしまうこともあります。

炊飯ジャーを触った時や、
さりげなくお鍋を触った時などにも
火傷をしてしまうことがあるでしょう。


このような火傷というのは
あくまでも一般的なものになりますが、
低温やけどというものも存在しています。

こちらの低温やけどの場合には、
一般的な火傷に比べると
少々タチが悪く温度の低い状態で火傷をしますので、
気が付きにくいといったデメリットがあります。


低温やけどをしてしまった時には、
どんな症状が現れるのでしょうか?
また低温火傷専用の治療薬などもあるのかについて調べてみました。

スポンサードリンク


低温火傷も見た目は一般的なやけど

一般的なやけどの場合には触った瞬間に
熱いと思えるような温度のものに触れただけでも
水ぶくれになってしまうことがあります。


また水ぶくれができなくても、
ヒリヒリと痛みを伴ってしまうことや、
赤く炎症を起こしてしまうことになります。

一方で、低温やけどというのは
50度から60度あたりの温度のものがしばらくの間、
お肌に密着していることによって火傷をしてしまいます。

原因となってくるのは冬場に使用する湯たんぽやコタツ、
さらには使い捨てカイロなどがあります。


また近年ではスマートフォンなども
低温やけどの原因になっているようです。

スマートフォンを充電している間や、
その他にも長時間使用している時などに温度が高くなります。

この状態でお肌に密着したまま眠ってしまうようなことがあると、
低温やけどを起こすのです。


低温やけどになってしまった場合にも痛みはごく一般的な火傷と、
さほど変わりません。

水ぶくれができてしまうケースや
赤くなってしまうケースがほとんどではないでしょうか。

ただし極端に温度の高いやけどをした場合と違うのは、
やけどの部分が部分ということと、
すぐさま皮がむけるような症状ではないということになります。



傷が深いため治りにくく跡が残りやすい

低温やけもは前述の通り、
低い温度が長時間お肌に触れていると
起きる症状となっています。


そのため、やけどの根っこ部分が
深くなってしまう可能性が高くなるのです。

表面に水ぶくれができていても、
水ぶくれがつぶれた後は
お肌がへこんだ状態となっており、

これが治りにくく、さらには傷跡となって
残ってしまうことも多々あります。

やはり温度が低い状態で火傷をするので、
自分でも気がつきにくいといったデメリットがあります。


防ぐ方法としては低温火傷の原因になるものは近くに置かない、
ということしかありません。


熱さを感じないので酷くなる

低温やけどは前述した通り、
温度の低い状態での火傷となっています。

そのため、熱さを感じないので
傷そのものもひどくなってしまいます。


このように低温やけどをした際には
専用の治療薬などがありませんので、
ワセリンなどを塗りながら
お肌を守っていくといった方法が一番になります。

また、大きな水ぶくれができているといったケースや、
万が一にでも皮がむけているようであれば
受診することが大切になるでしょう。

皮膚の深い部分までやけどの症状が引き起こされていますので、
すぐにでも処置をしなければ傷痕に残る可能性が高くなるのです。

低温やけどの治療薬として使用されるのは
「リンデロンクリーム」や「ゲンタシンクリーム」などがあります。


また市販されているものとしては
「オロナイン軟膏」や「ドルマイシン軟膏」が
よく知られたところではないでしょうか。

こういったお薬をしっかりと塗り、
ガーゼなどで傷口を塞ぎながら治るのを待つしかありません。

水ぶくれを潰すかどうかに関しては素人が判断するのは難しいため、
心配ならば受診して先生に聞くと良いでしょう。


自然に水ぶくれが潰れてしまった場合にも
上記のようなお薬をたっぷりと塗り、
傷口が乾燥しないように守ってあげることで傷が残りにくく、
さらには傷の治りそのものも早くなります。

スポンサードリンク

 - 健康、病気 , , ,

  関連記事

326155
みぞおちが痛い原因はどんな病気?

体が疲れている時や、 なんとなくストレスがたまっていると感じる時に、 みぞおちが …

335351
手足がかゆいそれは湿疹?その原因はなにか

手足がかゆいのって、本当に不快です。 ストレスによって、 免疫が低下して、そのよ …

514922
肺が痛い、気胸とはどのような病気?その治療法は

肺が痛い場合、 どのような病気を考 えることが出来るのでしょうか。 それは気胸( …

184115
尿の色は病気のサインかも

尿ってみなさんの健康を 如実に物語っていると思うのです。 日頃みなさんは しっか …

252564
入院時のお見舞いは亡くなった場合でもお返しは必要?どんなふうに返せばいいの?

病気で入院していると、 仲の良い方や親戚などから お見舞いを頂くことがあります。 …

521255
子供の咳が夜中にひどくなる原因と対策

子供が咳をしていると、 たった少しの咳であっても 心配になってしまうものです。 …

4fedbefa0fd3ae759889d74c5f8b63e5_s
ニキビと吹き出物の違いは?治療方法はどう違うの?

肌に湿疹ができるニキビと吹き出物、 名前は違いますが、 どちらも同じ病気です。 …

442671
赤ちゃんにげっぷをさせるコツを伝授!これで吐き戻しを防ぐ

赤ちゃんにミルクを飲ませた後は、 しっかりげっぷをさせなければなりません。自分で …

523173
肝不全ってどんな症状?治療法ってあるの?

肝臓の機能が見直されています。肝臓は私達の 体にある大切な器官です。この肝臓の肝 …

244515
股関節から音がする原因は?治療法はどんなものがあるの?

日常生活を送っている中で、 体の一部から不自然な音が 出てしまうという状況は 大 …