日感ブログ

日頃、生活するうえで必要と感じたことを綴るブログ

ものもらいの症状や原因と治し方

      2016/10/21

ものもらいができてしまうと、
まばたきをするたびに目がゴロゴロと
違和感を感じてしまいますのでとても不愉快です。

また腫れてくると視界が狭くなってしまうので、
モノを見づらくなってしまうこともあるでしょう。


ものもらいには主に2つの種類があるのですが、
一つはまぶたの内側にできるものとなっています。

そしてもう一つはまぶたの外側になりますが、
多くのケースでまぶたの内側にできてしまいますで、
前述の通り瞬きをする度に強い痛みを伴います。


初期の段階であれば軽症状も
比較的軽度ですのですぐに治すことができますが、
ひどくなると化膿してしまい、
最終的には切開をするというケースもありますので、
できるだけ初期の段階で治していきましょう。

スポンサードリンク


ものもらいの症状は段階で変わる

ものもらいの症状というのは
段階で変わっていくものです。


本当に初期の段階であれば
少し目がゴロゴロするといった症状や、
瞬きをする際に
何となく圧迫感を感じるといったものになります。

しかしその次のステップになると、
ものもらいそのものが大きく腫れてきますので、
ゴロゴロとする感覚や洗顔などで
目の付近を触った時にも強い痛みを感じるようになります。


そして最終段階になると化膿してしまい、
ここから膿が出てくるので朝寝起きなどには
沢山の目ヤニで目が開かないという症状になります。

もちろん瞬きをするだけでも激痛が走りますので、
日常生活にも大きな支障が出てしまいます。


このように症状が段階的に変わってきますので、
本当に初期の段階でものもらいだということに気づき、
すぐに対処をすれば治るまでの時間も短時間となるでしょう。

ひどくなってから治すことを考えると、
1ヶ月以上にわたって症状が続いてしまうこともあります。



初期なら治るのも早い

初期の段階であれば、
ものもらいが治るまでの時間は
非常に短いものとなります。

1週間程度で治りますので酷くする前の段階で、
ものもらいだということに気がつきましょう。


少しでも目に違和感を感じたら眼科を受診することや、
ものもらい専用の目薬などを使用することが大切です。

また、ものもらいは基本的にばい菌が原因ですので
手で目を触らないということも意識してください。


頻繁に洗顔を行いすぎてしまうことや擦ってしまうことによって、
さまざまな細菌が付着し、
ものもらいがひどくなってしまうこともあります。

また洗顔後や入浴後に使うタオルは常に清潔なものを使ってください。

前日に使ったものを再び使用するということなどは避けましょう。


治し方で効果的なのは目薬とみょうばん

ものもらいの治し方として効果的なのは、
やはり目薬が一番になります。


眼科でも処方してもらうことができますが、
ドラッグストアなどでも
抗菌作用を持った目薬が販売されていますので、
これを使うのが1番です。

ただし手元に目薬がない場合や夜遅い時間になって、
ものもらいだということに気がついた時には
ミョウバンを水に溶かしたものを
ガーゼなどで患部に少し塗布してあげるという方法もあります。


100ml のお水に対し1つまみ程度のミョウバンで構いませんので、
しっかり溶かしたものを、
ものもらいの部分に少量つけましょう。

ミョウバンには抗菌作用がありますので、
ものもらいを早く治してくれるといった効果が期待できます。


またものもらいができてしまった時には大人の場合、
眼帯をする方が早く治ります。

子供の場合にはものもらいの治し方として
眼帯を使用すると視界に大きな影響が出てしまうため、
基本的には眼帯を使うことはありません。


大人の場合には眼帯を使う方が細菌などを防ぐことにつながりますので、
可能な限り眼帯をして眼帯の内側には抗菌作用を持ったガーゼをする、
目薬をたっぷりと差し目を閉じた状態で
眼帯をつけるなどといった工夫が必要です。

スポンサードリンク

 - 健康、病気 , , ,

  関連記事

058697
いぼ痔の原因や治し方はどんな注意をすれば良いの?

ちょっと人様の前で 「オレはイボ痔なんだぜ!」 なんて堂々と言えないのですが、 …

257770
指にばい菌が入って腫れると治すまでに時間がかかる

ささくれなどが出来てしまうと、 とても小さなものでも 刺すような痛みがありますの …

53abac6c42f706a4d4f4e1e406ff198e_s
足底筋膜炎の治療法と予防方法!つらい痛みを改善しよう

ポーツをされる方や、 仕事で歩き回る方に多い脚底筋膜炎。 一度発症してしまうと足 …

508984
心筋梗塞の原因と症状その前兆を知りたい

私達の現代社会、 心筋梗塞という名前も、 当たり前に聞きます。 そして、みなさん …

293982
大腸ポリープの良性・悪性の判断

大腸ポリープという言葉の響きに、 決して多くの人たちが いいイメージを抱かないの …

273263
インフルエンザはいつから注意したらよいか

インフルエンザは11月から3月ごろまで続く ウイルスによる感染症です。 ウイルス …

395319
お風呂上がりの湿疹がかゆい原因は体温?対策は何が良い?

毎日の疲れを癒してくれるお風呂は、 汚れを落としてしっかりスッキリとするためにも …

520382
妊娠中は温泉卵が危険?その理由は?

妊娠中は赤ちゃんの分の栄養も 取らなくてはいけないと、 朝からしっかり卵を食べて …

252564
入院時のお見舞いは亡くなった場合でもお返しは必要?どんなふうに返せばいいの?

病気で入院していると、 仲の良い方や親戚などから お見舞いを頂くことがあります。 …

037882
食中毒の検査方法と必要な時間と費用について知りたい

夏場に増加する食中毒、 一度かかってしまうと暫く調子が戻りません。 原因となる菌 …