日感ブログ

日頃、生活するうえで必要と感じたことを綴るブログ

耳にしこりができた!正体を暴く

      2016/10/21

ピアスをあけている人をはじめとして、
耳にしこりができてしまうというのは
珍しいことではありません。

日常生活を送っていく中でふと耳を触った時に、
しこりが気になってしまうこともあります。


しかし、基本的に耳というのは
あまり触ることがありませんので

特に裏側などにしこりができていると、
しこりがあることに気がつかないので過ごしてしまう
というケースもあるでしょう。


その間にしこりが大きくなってしまい
突然気がついたしこりに驚いてしまうこともあるようです。

このように、耳にできるしこりというのは何が原因なのでしょうか?
また治すことや取り除くことができるものなのかについてもお話します。


スポンサードリンク


ピアスを開けている人はしこりが出来やすい

ピアスを開けている方は、
しこりができやすい傾向にありますが、
これは耳の皮膚そのものが
肌を守るための働きとなっているのです。


肉芽と呼ばれるものになり、
この肉芽と呼ばれるしこりはピアスのように異物が体に侵入する、
もしくは触れることによって
長時間触れている異物を体から排出しようとする働きです。

そのためピアスをしている周辺の皮膚や角質などが硬くなり、
しこりになってしまうというケースになります。


このようにしこりになっていても、
ピアスホールそのものにピアスを通すことができ、
なおかつ痛みを感じることがなければ特に心配する必要はありません。

ただしこのような肉芽のしこりが大きくなってしまうようであれば、
細菌が入り込んでいる可能性がありますので
皮膚科を受診した方が良いでしょう。



耳のしこりはアテロームのケースが多い

特にピアスなどを開けていない方で
耳にしこりができてしまった場合には、
粉瘤と呼ばれているアテロームを疑った方が良いです。

このアテロームというのは良性の腫瘍になるのですが、
人によって大きさなどは違っています。

またできる場所も耳タブだけではなく軟骨の部分や、
その他身体のどこにでもできてしまうものです。


古い角質や老廃物は
基本的に毛穴から赤として排出されているのですが、
これが1部皮膚の内側に蓄積されてしまうと
大きくシコリになってしまうのです。

またこのようなアテロームというのは袋になっており、
この袋の中に垢などが溜まってしまいます。


頻繁にアテロームができるのはお尻やわきの下、
耳などとなっていますので、
耳にしこりができてしまった時にはこちらを疑った方が良いでしょう。

アテロームだった場合には自然に治ることがありません。

袋をしっかりと取り除かなければなりません。

大きくなればなるほどに気になってしまいますので、
早い段階で取り除いた方が良いでしょう。

アテロームかどうかの診断というのは
ドクターでなければできませんので、
しこりを見つけた段階で受診した方が良いです。


前述したとおり、
良質な腫瘍となりますので特にその後の心配などはありませんが、
アテロームができてしまう方は繰り返す可能性が高いため、
同じように耳やその他の部分に再びできてしまうこともあります。


稀に病気のケースもある

上記のような原因ではなく、
稀に病気の可能性が考えられます。

悪性の腫瘍であった場合には
単純な粉瘤としてではなく悪性リンパ腫などがあり、
この他にも痛風によって尿酸がたまってしまう事で
しこりが耳にできることもあります。


さらに耳下腺の部分に腫瘍ができてしまう
といった病気もありますので、
顔面麻痺や痺れなどが出ているようであれば
こういった病気についても疑った方が良いでしょう。

また痛風によってしこりが出来ている場合は、
しこりを触ると非常に痛いため
異常を感じてすぐに受診することになるでしょう。


一口に耳にしこりが出来たと言っても原因は様々ですので、
素人判断で軽視しまうのではなく、
痛みがなくとも受診した方が良い事は間違いありません。

またピアスによって肉芽ができてしまった場合には、
ピアスの素材を変えることで症状が少しずつ軽減されていきます。

スポンサードリンク

 - 健康、病気 , ,

  関連記事

564133
咳が止まらない!熱ないのに原因は何?

特に風邪をひいておらず、 熱もないといった状態の中で咳ばかり が止まらなくなって …

toilet-146604_640
子供の便が白い!今すぐ病院に連れて行くべき?

子供がお手洗いに行き、突然びっくりしたように 親御さんを呼ぶことがあります。普段 …

53abac6c42f706a4d4f4e1e406ff198e_s
足底筋膜炎の治療法と予防方法!つらい痛みを改善しよう

ポーツをされる方や、 仕事で歩き回る方に多い脚底筋膜炎。 一度発症してしまうと足 …

202014
鼻づまりの解消方法や鼻炎の対策

鼻づまりは誰にとっても 非常につらい症状となってしまいます。 鼻詰まりが起きる原 …

215609
ピロリ菌にはヨーグルトが効果的!食べ方で効果が変わる?

ピロリ菌というのは 誰の腸内にも存在している菌だと 言われることもありますが、こ …

474824
熱中症の症状と回復方法

熱中症とは 人が高温多湿の環境に長時間居続けて 大量の発汗などで体の水分や 塩分 …

virus_tearai
食事による食中毒を防ぐ対処法とは

食中毒は年中起きています。特に暑い時期に増える傾向があるのが食中毒です。大きなニ …

273263
インフルエンザはいつから注意したらよいか

インフルエンザは11月から3月ごろまで続く ウイルスによる感染症です。 ウイルス …

045184
子供の朝の口臭は何が原因なの?改善法は?

大人に比べると、子供というのは口の中も清潔で 虫歯になってしまう可能性も低い と …

202008
唾液が多い病気がある原因って何だろう

唾液が少なくて、 病院を心配している人たちも いらっしゃるのかもしれませんが、 …