日感ブログ

日頃、生活するうえで必要と感じたことを綴るブログ

妊娠中は温泉卵が危険?その理由は?

   

妊娠中は赤ちゃんの分の栄養も
取らなくてはいけないと、
朝からしっかり卵を食べてませんか?

妊娠中の卵、
気をつけないといけないようです。

卵、美味しいのに。残念ですね。

スポンサードリンク

妊娠中の温泉卵、どうしいていけないの?

生卵を食べる。

日本では精をつけるときに良く行います。

生卵を食べるという習慣は
他の国ではあまり無いようです。

これは卵に限らず生で食べると
食中毒の危険があるからです。

妊娠中も同じ。
栄養価が高い卵ですが、
生で食べるのは控える様に言われます。

ご飯に乗せて食べると美味しい温泉卵。

これも半生状態。だからでしょうか?

妊娠中の危険な温泉卵、悪の根源はサルモネラ菌。

生卵が危険なのは生ものに
付着しているサルモネラ菌が、
食中毒を招くからです。

サルモネラ菌の食中毒は高熱、
下痢、激しい腹痛、嘔吐、それが4-5日続くという物。

妊娠中は薬を飲む事が出来ません。

体力もなくなってしまいます。

温泉卵だったらサルモネラ菌は大丈夫?と思いがちですが、
そうではないんです。

サルモネラ菌は加熱する事で死滅します。

お肉も卵も加熱して食べるように言われるのは
このためです。

温泉卵、加熱されています。

このサルモネラ菌を死滅させるには
70度以上の加熱が必要になります。

ゆで卵のように沸騰したお湯で数分以上ゆで、
卵の中までしっかりと加熱する事が出来れば、
サルモネラ菌の心配は無くなります。

サルモネラ菌を死滅させるには、
60度の温度で20分の加熱が必要となっています。

温泉卵は65度に25分、大丈夫じゃないの?

温泉卵の作り方を見てみると
65度の温度で30分浸けて作ります。

そうするとあの黄身も白身もとろっとした
美味しい温泉卵で出来るのです。

60度の温度で20分の加熱。

これは20分続けて加熱されています。

65度のお湯に30分つける。

30分つけていると最初は
65度だったお湯も下がってきます。

サルモネラ菌に関して
注意しなくてはいけないのは、
卵の内部までしっかりと
加熱されているかどうかです。

表面が加熱されていても中身が半生状態であると、
サルモネラ菌が生き残っているケースがあるのです。

美味しい温泉卵、食べないほうが良い?

温泉卵を食べてすべての人が
サルモネラ菌に晒されるわけではありません。

殆どの物は問題なく食べる事が出来ますし、
私達の体の中にも
このサルモネラ菌を撃退する免疫機能もあります。

しかし妊娠中は食中毒を起こしても
薬を飲む事が出来ない、

食中毒で体が衰弱してしまうといった
デメリットが大きいのです。

温泉卵に限らず、半熟の目玉焼きやとろとろオムレツなども、
このことを頭において食べるようにした方が良い様です。

妊娠中は免疫機能もちょっと落ちます。

赤ちゃんのためにも温泉卵は
諦めたほうが良いかも知れません。

スポンサードリンク

 - 健康、病気

  関連記事

498718
夜中に咳が止まらない時の対処法!辛い咳を止める方法とは

酷(ひど)い咳で夜も続いてしまうと、 眠ることも出来ないので どんどん体調が悪化 …

442671
赤ちゃんにげっぷをさせるコツを伝授!これで吐き戻しを防ぐ

赤ちゃんにミルクを飲ませた後は、 しっかりげっぷをさせなければなりません。自分で …

564133
咳が止まらない!熱ないのに原因は何?

特に風邪をひいておらず、 熱もないといった状態の中で咳ばかり が止まらなくなって …

151718
口が渇く原因は緊張だけ?対策もアドバイス

会社のプレゼンを始めとして、 その他にも多くの人々の前で 何かを話さなければなら …

241394
ノミに刺された症状や特徴とその対処法

みなさんが何かに刺されたとき、 ダニかな…と思うのでしょうか。それはノミかもしれ …

514922
肺が痛い、気胸とはどのような病気?その治療法は

肺が痛い場合、 どのような病気を考 えることが出来るのでしょうか。 それは気胸( …

117823
インフルエンザにかかると関節など節々が痛い

風邪をひいた時と違い、 インフルエンザにかかると高熱がでるのが特徴です。 そのほ …

3528_001
眠気や吐き気、頭痛は風邪?夏のせい?

風邪をひいてしまった時や、 その他にも胃腸の調子が悪い時には 吐き気または頭痛な …

474824
熱中症の症状と回復方法

熱中症とは 人が高温多湿の環境に長時間居続けて 大量の発汗などで体の水分や 塩分 …

513736
採血で貧血を起こす原因と対処法の解説

健康診断をはじめとして、 その他様々な検査をする際には、 血液検査を行うことがあ …