日感ブログ

日頃、生活するうえで必要と感じたことを綴るブログ

ダニに刺された!! 症状や特徴は

      2016/09/11

この現代社会において、
ダニなど登場するはずは
ないと思っているのではないでしょうか。

でも、蚊なら、
あなたの周囲に
うようよしているのではないでしょうか。

蚊程度にダニっているものなのです。

あなたもちょっと用心しなければ
簡単に刺されてしまうのです。

そして、ダニに刺されるというのは、
蚊に刺されるよりも全然痛いと言います。

あなたの快適な夜は、
地獄のどん底へとたかが
ダニによって
たたき落とされるかもしれません。

ダニこそ小さな悪魔なのです。

でも、ダニって、
とにかく存在が小さいから、
ダニに刺されること自体
なかなか回避出来なかったり
するものではないでしょうか。

スポンサードリンク

【ダニ刺されの症状】

でもダニにさされるということは、
蚊にさされたというのとでは
全然違うのです。

ダニがどう蚊と違うかということを
まず知っていただきたいと思います。

まず、ダニの口器は2つの鋏角で出来てます。

難しいことは言いませんが、
ダニに刺されたというときには
2つの穴が並んでいたりして、
ああ、やっぱりダニなんだな
ということが判ります。

そして、ダニに刺される場所です。

ダニという小さな悪魔は、
皮膚の柔らかい部分を
狙ってきたりするようです。

蚊はといえば、
露出している部分なら
ところ構わずという感じではないでしょうか。

しかし、ダニの場合、
脇の下・お腹のまわり・太ももの内側という
ケースが多いと言われています。

だから、露出しないのに
そこに刺されたという場合、
ダニかもという判断をしていただければ
と思うのです。

そして、蚊なんかと比較すれば、
非常にダニは、スローであり、
だから、
同じ場所ばかり攻撃するというのも
結構あるようですね。

ダニの場合、
刺されたときは
それほど痛いという感覚がないのですが、
実際には、
刺されてから8~24時間後に
かゆみが出てきてしまうようです。

そして、その症状は、
一週間程度長く続いて
しまうことになります。

軽いかゆみならまだ私達は、
辛抱出来るかもしれませんが、
ダニによって襲ってくるのは、
夜も眠れないほどの激しい痒みなのです。

【どのように対処すれば良いか】

ならば、私達はダニに刺されたとき、
どのように対処して行けばよいのでしょうか。

まず、
湿疹の時も、
子供の頃、
お母さんに言われていたのかもしれませんが、
掻かないことなのです。

掻くとやっぱりどんどんひどくなって
行ってしまうことになりますし。

症状を長引かせたくないというのなら、
我慢をしましょう。

でも我慢してても無意識のうちに
掻いてしまうのが、
かゆみというものかもしれません。

子供さんなど、
特にそのようなものであり、
そのときお母さんが
ムヒパッチなど購入することが
対策の一つなのかもしれません。

そして、ステロイド薬の
使用するというのも方法の一つです。

それは、
ダニ刺されには
非常に効果的と言われています。

短期的に使用している分には、
副作用だって、それほど心配する必要は
ないと思うのです。

早めに治療するぞという
モチベーションを是非持って対処してください。

スポンサードリンク

 - 健康、病気, 生活 , , ,

  関連記事

kin_mizumushi
足が臭い原因は何?病気なの?洗っても改善しない時は?

一日中革靴やスニーカーを履いていると、 脱いだ時に足の臭いが気になることがありま …

kin_kabi
カビが体に与える影響とは?気づかないうちに体調不良の原因になっているかも?

湿気が増えてくると多くなるカビ。押入れの奥など、 あまり見ない場所に生えやすく、 …

20150403_01
紫外線が体に与える影響は?予防の方法はどんなものがあるの?

1年を通して降り注ぐ紫外線ですが、 日焼け以外に人体にどのような 影響を与えるの …

uki-asobu
梅雨どきに子供の遊びは何がいい

雨が降って、外で子供が遊べないとき、あなたはどうしていますか。おおかたの人は、家 …

鼻うがい
花粉症、鼻づまりに効果のある鼻うがいのやり方

鼻うがいは鼻の中の粘膜に付着している花粉・菌・ホコリなどのアレルギー物質の抗原体 …

353985
痛風、足の痛さや体のこと、どんな症状が出てくるの?その治療は?

痛風と言うと おいしいお酒を毎日飲み、 栄養価が高いものを たくさん食べているイ …

569764
逆流性食道炎は何科?症状に原因はあるの?

逆流性食道炎は常に胃酸が逆流してくるので、 口の中がすっぱいといった症状や その …

442671
赤ちゃんにげっぷをさせるコツを伝授!これで吐き戻しを防ぐ

赤ちゃんにミルクを飲ませた後は、 しっかりげっぷをさせなければなりません。自分で …

449224
高熱を伴なう熱中症は重症で命の危険もあり

熱中症とは、 高温多湿の環境で様々な症状が出ることの総称です。 症状の軽い方から …

273263
インフルエンザはいつから注意したらよいか

インフルエンザは11月から3月ごろまで続く ウイルスによる感染症です。 ウイルス …